« 私はナニモン? | トップページ | ナニモンかわかりましたw »

2007/01/10

Who is the king of Monkey's Mountain?

 プロ野球選手なんていうのは、基本的に野球馬鹿が多い。

 ただ、それでも生まれ持った人格というのか、苦労した証というのか、技術だけでなく人格も優れている人もいる。


 まあ、笑える程度の野球馬鹿なら『愛すべき・・・』と言えるんだろうけど、笑えないくらいになると、こりゃもうどうしようもない。


 例えば、新庄。

 これは笑える範囲に入るだろう。しかも、ああ見えて、気配りを欠かさない選手だったとか。タイガース時代にも今岡など後輩を連れて食事に行き、当然おごるというわけだ。そのよき伝統を今岡らが受け継いで後輩に食事をご馳走しているらしい。新庄の場合、選手だけでなく、裏方さんにまで気を配ったというのだから、たいしたもんだ。

 清原なんかもそういう選手の一人なんだろうね。カリスマ性を持っているだけでなく、後輩の面倒見がいいのは有名だ。まあ、その代わり、彼がいなくなった途端、クビを切られた後輩が多数出たのも笑えないっちゃ笑えないんだけどねえ^^;。

 横浜行きが決定した工藤も、西武に入った当初はやんちゃ小僧丸出しだったけど、よくも悪くも当時の先輩の東尾から、手抜きと言うと失礼だが、全力で投げるだけでなく、バックを信頼して打たせて取る方法を教わり、それを実践することで、生き抜いてきたわけだ。まあ、勿論フォークを多投しないなんていうのも、選手生命を伸ばしている一因なんだろうね。そして、彼は自らの体の手入れだけでなく、ホークス時代には城島を育て上げるなど、自分が教わってきたことを下へ伝える役目も果たしている。

 こういうベテランを上手く使いこなすチームは怖い。タイガースが誇るおっさんトリオ、金本、矢野、下柳は実は3人とも生え抜きではないのに、生え抜きの選手が慕い、首脳陣が頼りにしという状況が出来上がっている。だから、工藤も完投や中4日で投げるのは無理でも、タイガースの下柳の如く、中6日で7回を投げてくれと言ってさえおけば、球数も計算するだろうし、調整も上手くやるだろう。イマイチ地味なきらいのある相川も、更に一皮剥けるんじゃないかな。前回監督をしたときに弱小の横浜をいきなり2位に仕立て上げた大矢が監督になる横浜は工藤や、仁志といった、意気に感じるベテランを手に入れて、きっと強くなるだろうね。


 


 さて、こっからは馬と鹿が怒ってきそうなレベルの奴ら・・・まあ、両方奇しくもバファローズ(笑。


 一人目は前川・・・

 典型的な、才能だけで野球をやっているタイプ。『潜在能力はピカイチ』ってずっと言われているトラブルメーカー。51kmオーバーで免取りになっているのに、先日無免許でひき逃げ


 まあオリックスの管理能力を問われているが、これは以前在籍していたタイガースも一緒。


 だけどね・・・球団に責任ってあるのかな?30近いおっさんなんですけど、前川って。プロで10年近く飯食ってるんですけど。そんな相手に「あんた免許持ってるの?」って普通聞くか?マイカー通勤している人がいたら聞いてみたい。昨今の事情から会社から「飲酒運転には気をつけるように」と言われている人はいるだろう。でもさ、「お前、免許持ってるんだろうな」って聞かれた人っている???聞かれたとして、素直に「はい」って言える?普通は「はい」って言ったところで、「なーに子供扱いしてんだ、このバーカ」と心の中で悪態つくでしょ?(笑。

 たぶん、前川の場合、人格が大人になりきってないんだと思う。無免許しかり、ひき逃げしかり、その前の51kmスピードオーバーとて、本当のアスリートならありえないと言いたい。自分に自信があったとしても、誰もいない大草原を走っているわけではないのだ。運転のままならない人だっている。そういう人との事故があったら?って言うことを想定できない奴が、厳しい練習を自分に課することができるはずがない。前川といえば、四球で自滅する投球パターンを繰り返すタイプなのだけれど、メンタルの弱さが野球だけでなくそこかしこに見てとれるわけだ。いい先輩に恵まれなかったのか、いたとしても、聞く耳を持たなかったのか、悲しい限りだ。

 そして最後は、笑えないを通り越して、大笑いの中村ノリ・・・

 ろくに活躍できなかったくせに、年俸問題でこじれると、自由契約にしてくれと言ったはいいが、球団がなら辞めてもらって結構って言った途端に、自由契約にしてくれとは言っていないインターネットで始めて知ったと言う始末。球団が代理人交渉では話にならないから、本人に出て来いと言っても出てこなかった人間が、インターネットではじめて知った??それなら、球団が直接会いたいって言っている記事は見なかったんかい?と言いたくなるよね。


 そりゃね、メジャーでもマイナーに落とされて出番がなかったからといって、『いじめにあった』なんていってケツ割って帰ってくるだけのことはある。イチローも田口も新庄も差別は当然あると言っているわけで、そんなの当たり前のことやんか。彼らは結果を出して、その口を封じてきたわけで、黄色人種、黒色人種相手に差別がない、いじめがないと思わない方が不思議。自分が挑戦するところがどんなところかも知らないで、行って、ダメだからと、3年も苦労してようやくメジャーに定着した田口のような根性も、追いかけるべき夢もない奴が何言ってんだ?って思う。


 正直、国内球団には、ノリを必要とするところはないと思う。あってたとしても、それは足元を見て、いたいならいさせてやるよっていうレベルだろうね。それがわかって慌てても遅いっちゅうねん。もし、バッファローズの温情でのこることになっても、ファンはしらけると思うねな。そろそろ気付けよ、30も半ばなんだからさ。

|

« 私はナニモン? | トップページ | ナニモンかわかりましたw »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/13428875

この記事へのトラックバック一覧です: Who is the king of Monkey's Mountain?:

« 私はナニモン? | トップページ | ナニモンかわかりましたw »