« ニュース | トップページ | 泣き歌。 »

2007/08/25

Tom Waits

 彼の存在を知ったのはこの映画がきっかけだった。


 個性的な演技を見せる彼の姿を見ていて、「誰だろう?」とばかりに普段の検索癖で血が騒ぎ、色々と調べたらミュージシャンだったと。

 そして、私の好きなRod Stewartがカバーをしていることも知り、これは・・・ということで、今日TSUTAYAに行って、4枚借りてきた(「買えよ!」という声は貧乏人にはこたえるので言わないようにw)。

 ちなみにRod Stewartのカバーが

 

 この曲、『Downtown Train』なのだ。

 Rodはどの曲のカバーもオリジナルを結構忠実に再現しているのだが・・・・

 

 オリジナルはこんな感じ・・・確かに編曲は変わってないようにみえるけど、歌い方が(笑

 さすがに酔いどれ詩人と言われるだけのことはある。


 でも、聞きこんでいくと、実に味があるというか、心に染みるというか、いいんだよね。


 ちなみにライブになると・・・


 


 更に酔っ払い化するのが面白い。

 さてさて、ちょっと聴き込んでみようかな。

|

« ニュース | トップページ | 泣き歌。 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/16234555

この記事へのトラックバック一覧です: Tom Waits:

» トム・ウェイツ★ジョッキー・フル・オブ・バーボン YouTube動画 [juke joint★酒とブルースとTバック]
Tom Waits - Jockey Full of Bourbon 今夜、飲んでて話題になったのだけど トム・ウェイツで、 映画『ダウン・バイ・ロー』のテーマ曲 「JOCKEY FULL OF BOURBON」。 どーですか? この声。 この存在感。 ... [続きを読む]

受信: 2007/09/02 13:23

« ニュース | トップページ | 泣き歌。 »