« オシム。 | トップページ | お昼ご飯 »

2007/11/17

漢字。

 私は何を隠そう辞書大好き人間なのだ。

 子供の頃から、辞書、辞典を読むのが大好き。しかも何かを調べる・・・ではなく、意味もなく見るのが好きな子供だった。

 成長してからも、英英辞典は勿論、ラ英辞典(ラテン語→英語)まで持っていた始末だ。


 そして漢字と言えば、前にこんな話を書いたけれど、今回はちょっと違うお話。

 というのも、別の方の日記コメントで割愛してしまったお話をここでしようかと思っているわけだ。


 「子曰、學而不思則罔、思而不學則殆、」論語の原文はこうなのだが、日本語で読み下すと「子曰く、学びて思わざれば、即ち罔く、思いて学ばざれば、即ち殆うし」となります。

 ちなみに英訳では"The Master said, "Learning without thought is labor lost; thought without learning is perilous.""となり、直訳すれば「先生は言った『思慮のない学問は骨折り損であり、学問のない考えは危険だ』と」となります。ま、当然ながらそのままですね。


 さて、本題は漢字の話・・・私が持っている「常用字解」には載ってない字がありまして、なぜなら、この本は安いのです。同じ白川博士の著書でも「字統」などが欲しいのですが、なにぶん高いんですよねえ・・・。ということで、私の推測が入っておりますので、違うというご指摘があれば、承ります。

 
 『罔い』(くらい)・・・この字は網の元の字であり、網の形を現す『网』の字に音符の『亡』の字を加えたものなのです。つまり、この『罔い』は網がかぶさってくらいという意味であり、身動きが取れないくらさを表していると言えるのではないでしょうか。

 ということで、思慮のない学問は、がんじがらめの身動きが取れない頭でっかちになるよという孔子の警告なわけですね。

 さて、くらいという話が出てきましたので、他のくらいを紹介したいと思います。


 『暗い』・・・元の字は『闇』で、門の中で音を発することを表します。ここでの門は神を祭る戸棚の両開きの扉の形で、そこに神への祈りの祝詞をおいて神意を問うというのが始まりです。これに対して夜中に祝詞を入れた器が音を出す神の応答を表したのが、この『闇』という字になるわけです。従って、『暗』も『闇』も真夜中の暗さを表します。

 『昏い』・・・黄昏という字に使われるように、夕方の薄暗い時間、「誰そ彼」と言いたくなるような時間のくらさを表します。結婚の『婚』のつくりにこの字が使われるのは、古来中国では婚姻は夕暮れ時から行われたからなのですね。


 『昧い』・・・これは逆に、夜明け前のくらさを現します。そう、日が未だ昇っていない状態ですね。

 『盲い』・・・これはいわずと知れた、目の見えないくらさを表している漢字ですね。

 『幽い』・・・これは『幺幺』(すいません、この字がないので、『幺』を二つ組み合わせて書いています)と『火』(外側の山の部分が火なんですね)を組み合わせた会意文字です。『幺幺』(ヨウ)はねじった糸束を並べた形で、それを火に加えて燻べて黒色にすることを言います。その色が、奥深く暗い色をしている、つまり幽暗であることから、奥深いくらさを表しています。奥深いところに閉じ込めるのを『幽閉』っていうのは、ここから来ています。

 たまには、こういう真面目な話で如何でしょうか?

 参考:白川静『常用字解』

 Jouyoujikai_2

|

« オシム。 | トップページ | お昼ご飯 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

漢字・・・
私はあんまり得手なほうじゃないんですけど、会社の後輩にはびっくりさせられます!

「皆目」のかいを「貝」だと思っていたり、「棚卸し」の棚にたけかんむりをつけてみたり・・・

これってpcのせいかもしれませんね。


にしても、日本語はおもしろいですよねw
狂言に行くと現代とは全く違う意味でつかわれている言葉にびっくりすることがあります( ・_・;)

投稿: mic | 2007/11/17 14:02

かいもく・・・に貝ですかあ。
皆目検討がつきませんなあ。
って、使い方おかしいですね^^;

古語の世界っていうのは、私も好きですが、もうかなり忘れちゃいました。
白川博士の本は、趣があって、面白いのですが、なにぶん難しくて、途中で断念してしまうんですよねえ。
狂言、そういえば、日記に書いてらっしゃいましたねえ。
太郎冠者、二郎冠者しか分からないですねえ。
むかし学校で「ぶす」ってやりましたけど、もうどんな漢字だったかも忘れてしまいました。

投稿: グーパパ | 2007/11/17 15:59

私の辞書には不可能はない、、、どころか何にも書いてないってバカですので、ちょっとついていけません。

投稿: ドテチン | 2007/11/17 20:42

あはは。
ややこしい話になってしまいました。
だから、あそこでは割愛したんですよねえ。
もうひとつの割愛した話、周期表の方は、こちらで書くとスパムTBがつくので書けないんですよねえ。

投稿: グーパパ | 2007/11/17 21:06

ちょっと前に、白川静さんってお亡くなりになったよね?
その時まで知らなかったんだけど、新聞の記事を読んで、興味あったのよ。
読んでみたいけど、、、、難解ならどうしようかな~~!?

投稿: とん♪ | 2007/11/18 01:17

http://goo-papa.cocolog-nifty.com/goospo/2007/03/post_7251.html
これで紹介している本からどうぞ。

その本に書かれている内容が
本文最初に書いてある、「こんな話」のリンクで見れます。

投稿: グーパパ | 2007/11/18 11:23

こんばんわ~♪(´ε`)
返事の『はい』は拝が語源だって何かで読んだ気がしますがホントですか?『はい』は『拝』相手を尊敬し敬う心に通ずるって意味かと記憶しております。いい言葉だなぁーと思います。

投稿: suziwaru2 | 2007/11/18 23:26

あんた、忘れたころにやってくるねえ(笑
元気にしてるん???
関西に出張があるときは、電話してきなさい!
寒いので気を付けてねん♪

投稿: グーパパ | 2007/11/19 08:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/17097133

この記事へのトラックバック一覧です: 漢字。:

« オシム。 | トップページ | お昼ご飯 »