« 疲れた時は | トップページ | 嬉しい! »

2007/12/03

緊張感と悲壮感

 昨日の対韓国戦は、いい試合だった。


 勿論、勝ったから言える「いい試合」という言葉。


 負けていたら心の中で「いい試合やったな」とは思っても口には出さなかっただろうね。


 外出していた関係で、帰ってきたときには川上が投げていた。だからてっきり、「ダルビッシュや成瀬じゃなく、川上先発かよ」と思ったのだが、実際は、成瀬が先発で、川上は2番手で登場していたようだ。


 好投手ではあっても絶対的な経験値の少ない若手3人(涌井、成瀬、ダルビッシュ)を本来の先発という場所で力を出させてやろうという星野監督の思惑は分かるが、日本一となったドラゴンズのエースとして君臨している川上が、いつ登板機会がくるか分からない、中継ぎ、しかもロングリリーフという難しい役目をやったろうという心意気がいいよね。


 そして、岩瀬。岩瀬はいつ見てもすごいピッチャーなのだが、いつも見る岩瀬は、もっと淡々とというか、クールに打者を斬って取るタイプに見える。仕事人というか、スナイパーというか、そんな感じだ。


 その岩瀬が三振を取ってガッツポーズをしているのを見ると、国際試合の緊張感っていうのは、すごいもんだなと思う。


 私は後から知ったことなのだが、韓国は監督会議で取り決めた紳士協定を破って、1時間前に交換した先発メンバーを大幅に入れ替えて、試合に臨んできたらしい(ルール違反ではない)。だから余計に選手が燃えたって言うのもあるのだろうね。

 普段、ガッツポーズはしないといっていた稲葉も貴重な追加点を奪うタイムリーを打ったときは、ガッツポーズしてたしねえ。


 そして何と言っても上原。ジャイアンツの守護神としての上原は成績は素晴らしいのに、打てない感じがしないピッチャーなんだけれど、昨日の上原の初球を見たとき、「こりゃ勝ったな」と思わす、すさまじいボールを投げていた。決して球速は早くないけれど、所謂ボールの切れは抜群であった。だからフォークボールの落ち方も最高で、あれはメジャーでも最高クラスのバッターでも打てないに違いない。

 上原が国際試合で負けたことがないというのが分かる気がする。元々ジャイアンツでも気持ちを前に出すタイプだと思うが、出ているアドレナリンの量が違うに思える。

 それもひとえに緊張感が作り上げるものなのだろうね。その点、監督の星野という男は、絶妙の緊張感を作り出す天才だといえる。ドラゴンズ、そしてタイガースの監督時代からベンチには常に、いい緊張感が漂っていた。

 WBCは王という大打者が監督をしていたが、この人は選手時代から悲壮感が漂う人のように思える。それは時として選手に固さをもたらす傾向があるのだが、あそこまでの人になると、最終的に「この人を負けさせるわけにはいかない」とWBCのときは一致団結して、なんとか優勝したが、薄氷を踏むような優勝であったことは間違いない。

 そして、近年のCSなどの短期決戦において、ホークスが勝ちあがれないのは、この監督の雰囲気がそうさせるのかもしれないなと、昨日の試合を見て改めて思った。


 (ま、星野もリーグ優勝はしても日本一にはなれなかったけれど・・・。)


 こういう負けの許されない国際大会においては、監督の才能というよりも、星野の持つ雰囲気が王よりも向いているのかも知れないね。


 さて、今日はダルビッシュ。強敵台湾を完封するところを見せてくれ!(あ、タイガースファンとしては藤川の投球も見たいけどねw)


 

|

« 疲れた時は | トップページ | 嬉しい! »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

野球も親なり主人が見るから一緒にという感覚ですが・・・
初歩的な疑問ですが、大リーグに行った選手は出れないのん?
偉大な選手が偉大な監督になるとは限らないのね。
日本は民族意識が低いわりに昨日の星野ジャパンはすごくまとまっていましたね。
人との結びつきは人間性に依る所が大きいと思います。
ど素人ですが、昨日の試合は良かったです♪
今日も楽しみね。

投稿: る~ | 2007/12/03 12:45

おばさん的には、ダルビッシュかわいい♪
あ、もちろん阪神ファンです。

投稿: る~ | 2007/12/03 12:47

メジャーリーグベースボール機構(MLB)は、メジャー選手の五輪出場を基本的に認めていません(日程的な問題です)。
ですから、監督も本選に出られない選手を予選に呼ぶのは・・・という観点で、呼んでいません。
というわけで、松坂も、ゴジラも、イチローも出ないということですね。

監督としても選手としても評価の高いのは、野村さんくらいじゃないでしょうか?
勿論ジャイアンツ9連覇当時の川上も名選手でしたが、監督としては、選手が粒ぞろいであったことと、ヘッドコーチの牧野が参謀役として機能していたことから、『監督』としての評価が高いわけではないんですよね。

ダルビッシュ・・・
いいな、若くてカッコいい奴は、モテて・・・(T_T)

投稿: グーパパ | 2007/12/03 14:06

お写真だけですが、ぐーちゃんも素敵ですよ♪

投稿: る~ | 2007/12/03 20:23

え?

お、お歳暮贈らせていただきますので、
是非、ご住所を(笑

投稿: グーパパ | 2007/12/03 22:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/17260534

この記事へのトラックバック一覧です: 緊張感と悲壮感:

« 疲れた時は | トップページ | 嬉しい! »