« 鍋 | トップページ | シュトーレン »

2007/12/14

浦和。

 力の差は圧倒的だった。


 決勝に備えて、ミランが力をセーブしていたのは確かだろうけれど、それを差引いても浦和は見事なサッカーをした。

 力の差のある相手に、しかも圧倒的な差のある相手に、食らいつき、自分達のできるサッカーを最大限表現して見せた。

 ずっと引いて守ってっていう専守防衛ではなく(結果的に攻められっ放しだったから守りばっかりにはなったけれど)、見せ場も少ないながらも作ったし、前半は特に積極的にシュートを狙う姿勢が見られた。

 いつも代表戦でイライラしながら、「シュート打てや!」と叫ぶような局面はなかったように思う。


 Jリーグの代表として、アジアの代表として立派な試合だったよね。


 後はサポーター。

 日本人はミーハーだから、ミランの応援がもっともっと多くてうんざりするだろうなと思ったけれど、浦和の応援が圧倒的で良かったと思う。


 相手ボールになると、しかもスター選手がボールを持つと盛大なブーイング。

 やっぱりホームの試合はこうでないといけないよねって思わせた。

 ずっと馬鹿みたいに歌を歌うのではなく、チャンスのとき、ピンチのときの応援の使い分けも見事だったよねえ。

 私は集団で一体となってやる応援は好きではないけれど、昨日の浦和の応援は好感が持てたなと思う(雰囲気としては甲子園の応援ではなく、藤井寺の応援がすきなのだw)。


 ただ、スポーツ紙には一言言いたい。

 勝つ可能性はまだまだゼロに等しいと思う。昨日の試合で勝つ可能性が見出せたという記事はスポーツ紙の書くことではないと思うな。67分間ゼロに抑えたというが、サッカーは90分でやるもの。相手はアウェーなりの戦い方をし、それこそ前半で浦和の運動量がガクッと落ちたことを思えば、ミランはプラン通の試合をしたといえるわけだから。

 イタリアでのプレー経験もあるカズはこういったそうだ


 「これが、今の子供たちの当たり前の目標になるのかもしれない」と。

 昨日の試合はこの程度のものでしかないのだ。ちょうど日本がW杯の舞台に立つのが夢だった頃から、当たり前の目標になったかのように。

 しかし、この事実は、とてつもなく大きい。それこそ老子曰くの「千里の道も足下から」の言葉の如く、ミランの背中は千里の先にあるわけだけれど、とりあえず、大きな一歩を浦和は残してくれたと、心から思う。

|

« 鍋 | トップページ | シュトーレン »

「サッカー」カテゴリの記事

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

16→0→12

うーん、はっきりしてきたかw
グースポから、グールメだな。

投稿: mizuiro | 2007/12/15 10:01

あはは。
コメント数ですかいなw
何かと思ったら^^;

じゃあ、スポーツ部門を盛り上げてくださいね、よろしくw

投稿: グーパパ | 2007/12/15 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/17363390

この記事へのトラックバック一覧です: 浦和。:

« 鍋 | トップページ | シュトーレン »