« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008/01/31

気分くらいは・・・

 私が飲む紅茶は、ルピシアで買うことにしている。

 普段飲むのは、アールグレイ・ダージリンもしくはマスカットを飲んでいるわけなのだが、ここは店舗で直接買わずネットで買うと、毎月『今月のお茶』を送って来てくれる。

 いわゆる商品サンプルという奴。

 先月着いたうちの一つが


 


 喧嘩売ってる?・・・わけではないだろうが『Wedding』(ティーバッグ)。


 説明によると、「初々しくフルーティーな香りの紅茶に、ピンク、ブルー、イエローの花びらがたっぷり。まさにウェディングにぴったりの華やかさです」とある。


 
 


 写真では色しか伝わらず、かおりはまつたく伝わらないけれど、確かにフルーティというか、華やいだかおりがする。

 まあ、ネーミングは気分が悪いが(僻み?w)、確かに華やいだ気分になる。


 こういうおしゃれなお茶を、彼女なんかと夜のこの時間(21時)にチョコレートなんかをつまみながら頂くと、本当に華やいだ気分になるんでしょうけど・・・

 グーと一緒にお茶じゃねえ・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/01/29

悪口

 今日は、お客さん(女性)と生保のお姉ちゃんと3人で

 ベニマンに行ってきました。


 あ、もちろん、生保の契約で・・・です(一応、私、こう見えまして生保の販売員の資格を持っております。しかも上級です)・・・・ま、仕事にかこつけて、お茶をするというOLみたいなことしてるんですけどねw


 お客さんの息子さんが神戸にある、スポーツで有名な某私立高校のサッカー部。生保のお姉ちゃんが、G大阪の熱烈サポーターということで、3人でサッカーの話に華が咲きました。


 話題は、女性に人気という鈴木啓太の話から、ユースの話題。そして最後は岡田ジャパンの話になりました。


 当然、悪口(笑

 サッカーが古いだの、マリノスのサッカーそのままだの、じじくさいサッカーだの散々でした。

 オシムの目指したサッカーの真逆だからねえとか、協会の強化方針がダメだとか・・・もうホントいろいろ。


 私もサッカーだから参加しましたが、女性はつくづく悪口が大好きなんだなって感じずにはいられませんでした・・・。

 だって、私は二人とも旧知の仲ですが、お客さんと生保のお姉ちゃんは、今日が初対面。それなのに、やっぱり華が咲くのは悪口なんですからねえ。


 うーん、恐ろしい・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/01/28

9-6大関撲滅委員会。

 星取表


 ホント、上の星取表を見ると、ひどいね、大関陣。いわゆる9-6(クンロク・・・9勝6敗のこと)はおろか勝ち越しがやっとってどういうこっちゃ。


 横綱が2人、大関が自分を除けば3人だから、同じクラス以上の者に負けたとしても10勝はしないとおかしい。勿論、4人のうち何人かが、関脇・小結クラスに負けて9勝止まりっていうなら分かる。もしくは、今場所揃って調子が悪かったねって言うなら分かる。

 毎場所毎場所誰かが、角番。誰もが10勝出来ない。10勝したら褒められるでは大関の責任を果たしてるといえるのかなあ?

 今場所は朝青龍の復帰場所で注目を浴びたけれど、結局二人のモンゴル人横綱が強すぎるっていうのと、日本人のライバル。つまり小錦に対しての千代の富士や、曙に対してしての貴乃花のような力士がいないから、この注目は長続きしないと思う。稀勢の里、琴奨菊辺りがどれだけ肉薄できるか?だけれど、今場所途中休場して再出場した琴奨菊はおいといて、稀勢の里を見てみると、朝青龍に勝ったのは評価できる。また、白鵬、琴欧州の横綱・大関に負けたのは仕方ないとして、安馬、旭天鵬に負けている・・・って二人ともモンゴルかよ!って思うと、目の前が真っ暗になりそう。これで時天空に負けていたらどうにもならないよねえ、ホント。

 この二人が仮に大関になってからがどうかなって思っちゃうしねえ。小結・関脇の時点で、若かりし頃の貴乃花のような圧倒的な勢いもないというのが心配の種。


 大関は勿論、地位としては立派だけれど最高位ではないわけだ。大関になるモノの資格としては、少なくとも更なる高みを目指そうという志のある者にして欲しい。そうでなければ、ますます9-6大関が増えてしまい、相撲の面白さをどんどん失わせるものに成りかねないと思う。


 横綱の品格を問う前に、大関の質を問いたいグーパパでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008/01/26

なぜか・・・・

 名古屋駅構内できしめんを食っているグーパパです、皆さんこんばんは。


 なぜか・・・・

 せっかくの美味しいきしめん・・・・ダシを関西風にしてくれればいいのに・・・・(>_<)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2008/01/21

昼ご飯

 今日は、お昼に神戸阪急に行くと決めていた。

 それはいつものお茶屋さんの西海園さんに会いに行くためだ(勿論、お茶を買うんだよん♪)。で、デパ地下へ行き、西海園のおばちゃんと話をし、結局お茶は29日からのそごうで買い求めることにしたわけだ。

 昼ごはんは、神戸阪急に行くと決めた時点で、ハーバーランドのモスバーガーと決めていた。


 しかし・・・・・


 昼ご飯


 結局、タンドリーチキンカレーになった。

 理由は・・・

 西海園のおばちゃんと挨拶をし、振り返ると・・・『神戸タブラ』の文字と共に印度の国旗が!!

 このタブラというインド料理のお店・・・何を隠そう、うちのお客さんだったりする(笑


 「あれ?何してんの?」

 「Hi, How are you?」

 「Fine, thank you. And how about you?」

 「ああ、元気ですよ。皆さんどうですか?」

 と、日本語と英語とがごっちゃになった挨拶をしながら、握手を交わす。

 この『タブラ』というお店、昔は神戸の長田駅近くにあったのだが、今はない。

 どこに店があるのか?と言えば・・・ない(笑

 どうしているのか?と言えば・・・全国のお祭り屋台を回っている。つまりインド人でありながら、的屋をやっているのだ。

 で、阪急の人と縁があって、食品売り場の催し物屋台を1週間だしているのだと。つまり西海園さんと同じような形式での契約でお店を出していたわけだ。


 残念ながら、今日が最終日なので、ご紹介というわけにはいかないのですが、全国のお祭り屋台や、デパ地下で『タブラ』の文字を見かけたら、声をかけてみてくださいね。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/01/20

なーにやってんだか・・・

 兵庫駅に出る用事があったその帰りのこと・・・・

 買い物を済まし、本屋で、出たばっかりの


 Suikoden16

 水滸伝16巻(北方謙三著)を買い、バスの中で読み始めたのですが・・・・


 平野のバス停で200円を払って降り、家に帰って、荷物をドンと机の上に置いてみると・・・・


 ない!!!


 たった今まで読んでいた本がない!!!

 どうやらバスの中に忘れてきたらしい・・・・(-_-;)


 今日買ったばっかりなんですけど・・・・まだ、ちょっとしか読んでないんですけど・・・・


 慌てて、ネットで神戸市交通局のHPを探し、担当の営業所の電話番号をゲットし、電話をかけてみたところ、電話をかけたのが早すぎて、確認が取れないとのこと(苦笑


 こちらの連絡先を伝え、電話を切り、待つこと10分・・・・


 見つかったとの連絡があった。

 しかし、担当の営業所は遠いし、三宮の落し物センターにつくのが明日の夕方以降となるといわれ、またもやブルーに(-_-;)


 とは言うものの、仕方がない。

 せっかく買った本をお風呂で読めないのは、残念至極だけれど、火曜日まで待つとしよう・・・


 しかし、我ながらどんくさい(T_T)

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2008/01/17

き、切りやがった・・・

 先日、駅の自動販売機で、ホットココアのボタンを押したら、温かい野菜ジュースが出てきて困ったグーパパです、おはようございます。

 たった今、かかってきたお電話について、お話させていただきます。

 他の自営業の皆様、法人経営者の皆様もそうだと思いますが、投資関係、電話関係の電話ってよくかかってきますよね。今日はそんななかの電話関係の営業のお話です・・・・

 営「株式会社○○(伏せているのではなく、忘れちゃったw)の××と申しますが、お客様に以前申し込んでいただいた、マイラインサービスについてのお電話なのですが・・・」


 ぐ「以前申し込んだってどういうことかな?」


 営「えっとですね、以前、法人様の方で一括で申し込まれたサービスについての確認なんですが・・・」


 ぐ「法人ってどういうこと?」


 営「えっと、グー爺会計事務所様ですよね?」


 ぐ「そうやけど、うちは、法人じゃなくって、個人経営やで」


 営「ええ、そうですね。えっと、以前法人で・・・」


 ぐ「だから、うちは法人ちゃうって言ってるやん。それに電話関係はよその会社に頼んでるんやけど」


 営「あ、はい、すいません」


 ぐ「以前申し込んだっていうなら、その申込用紙なり、なんなりファックスで送ってくれるか?」


 営「いえ、あの、すいません」


 ぐ「契約欲しいのは分かるけど、そういう嘘ついたらあかんのんちゃうんか?」

 プー、プー、プー

 き、切りやがった!!!

 あんまりむかついたので、ここでそのIP電話の番号をさらしてやります!!

 050-5529-9218

 私はかけ直すのも面倒なので、ほったらかしですが、この電話番号でかかってきたら、自営業者及び中小法人経営者の方はお気をつけ下さいね。

 これ幸いとばかりに、いじめたおすのもありだとは思いますけどねw

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2008/01/14

昨日の出来事・・・

 野球部の飲み会があるからと聞いて行ってみたところ、相撲部のちゃんこを御馳走になったグーパパです、こんばんわ。


 と、ひとネタを置いておいて・・・・もはや昨日の話を少々。

 ドテチンさん家の鍋パーティーに呼ばれて、楽しく、キムチ鍋を御馳走になった後、Nオ兄貴のお誕生日のお祝いということで、maruさんお手製のケーキを


 Cake


 いただきました。

 Nオ兄貴が一回でろうそくを消せなかったのは内緒として・・・(公開しとるがなw)、このケーキが、絶品でした。辛いキムチ鍋の後というのに、甘すぎるという感覚もなく、あっという間に食べてしまいましたねえ。


 そして、ドテチンさん家のお子さんたちがキムチ鍋がダメということで、再び出汁をこんぶで取って、よせ鍋風に作りなおし、お子さんたちが食べた後に、豆腐などを加えて再びいただくことに・・・


 鍋→ケーキ→鍋と、本当に相撲部屋のような食べっぷりでした。


 その間に、なぜか、Nオ兄貴にミドルキックの要領、そしてボクシングのジャブからストレートの動きを教わり、汗だくに・・・。

 いつものような、ここではとても書けないような話が展開され、楽しさもいっぱいでした。

 いつもながら、先輩方のパワーには、驚かされるというか、若い私が一番年寄りじみてしまうのが、なんとも恥ずかしいような気持になりますねえ。


 というところで、2時に伺ったお鍋パーティも、9時半を過ぎ、グーの晩御飯をやらないといけないので、私は途中で失礼し、帰宅と相成りました。

 帰ったのが、10時半で、そこから風呂に入いり、Nオ兄貴にいただいたTOTOのLiveをちら見し、ドテチンさんからいただいた年末同窓会の写真(800枚強)をざざっと見たところ、こんな時間になってしまいました。

 改めまして、ドテチンさん、本当に御馳走様でした。そして、諸先輩方、ありがとうございました。

 また、楽しい飲み会を期待しておりますので、よろしくお願いいたします^^

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2008/01/12

読書む

 『探偵ガリレオ』を読書んだ後は当然のごとく


 Yochimu

 次作『予知夢』を購入った。昨日から読書み始めている。


 これが終わると長編ということになるのだが、文庫に落ちていないので、文庫になるまでは、たぶん購入わない。

 とまあ、ガリレオのタイトル風の文章にしてみました・・・これ以上は続かないのでやめます^^;。

 この『予知夢』もお風呂で読むにはちょうどいい感じ。1作約70ページという分量は、半身浴をしていると汗をかくものの、水分補給をしなくてもちょうどいい程度の量なのだ。私は入浴後の水分補給が楽しみなので、入浴中は水を飲まないようにしているため、あまり長くなると、しんどくなるわけですね。

 ちなみに、本の内容はよく出来ていると思う。必要最小限の登場人物に、トリックも専門知識があれば、できそうなもの・・・「どうやるんだよ!」というような、密室トリックなどではないということですね・・・なので、楽しく読めるわけです。

 冷え性の方には、お風呂で読むお勧めの1冊ってことになりますでしょうか。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/01/08

和食の力。

 私は基本お菓子を食べない・・・いや、スナック菓子を食べない。


 それはホントに子供の頃にアトピーを患っていて、漢方薬を飲んでいたのですが、そこの先生が一切スナック菓子ダメという先生だったことに由来している。だから、子供のころそういう類のものはまつたく食べることができなかった。
 まあ、もっとも漢方薬の方は35年前当時、月1万円以上の出費ということで、半年ほどで親が断念したようだが、お菓子を食べないという癖は残っているわけだ。まさに三つ子の魂なんとやらというやつですね。

 というわけで、私の家には、スナック菓子がない。自分で買うのはホント、年に数回で、ポテトチップスを買っても、2,3枚食べて、そのまましっけさせてしまうくらいなのだ。

 そんな私が、年末年始、お菓子も油ものも食べまくったせいで、太ったわけだ。

 3年ほど前まで75キロあった体重が70キロを割るようになると、75キロあったときは重いと思わなかった体が、今では70キロになると体が重く感じるのだ。

 で、体が重いなと思ったら案の定、70キロを超えていた。


 こうなると、ダイエットになるわけだが、私は、おなかのすいた状況でダイエットをするのは嫌いなのだ(誰でもそうだと思うけどw)。もともとスナック菓子は食べないので、3度の食事をちゃんとさえすれば、体重は自然に落ちる。

 というわけで、やっぱり和食だよねという結論になるわけだ。

 Dinner080108


 そんな私の今日の晩御飯は・・・・


 風呂吹き大根(自作)
 サバの味噌漬け(自作)
 納豆
 春雨サラダ(真ん中の弟作)


 そして、本当はこれで日本酒を頂きたかったのですが、ちょっと熱っぽいので、ご飯に・・・


 べったら漬けと、とろろご飯にして頂きました。

 ちなみに、和食モードにして3日・・・体重は元に戻りましたとさw
 

| | コメント (23) | トラックバック (1)

探偵ガリレオ

 Garireo

 を読んでいる。


 作者は東野圭吾。勿論、自分で買ったのではない。淡路のスーパー主婦(?)wappyさんからいただいたのだ(謝々w)。

 一昨日の晩のお風呂タイムから、1日1話ずつ読んでいるのだが、これがちょうどいい。1話70Pほどなので、お風呂に浸かっている間に読みきれるわけだ。

 作者の東野さんは、理系の出身ということで、トリックは全て実現可能なものらしく、なかなか興味深い。まあ、興味を持ち出したところで、終わってしまうのだけれども(笑


 ドラマはまつたく見ていないのだが・・・・一つ気になることが。


 ガリレオこと主人公湯川が福山なのは分かるが、柴咲コウはどうやっても文中に見つからない。どうなってんでしょw。

| | コメント (10) | トラックバック (2)

2008/01/07

こ、焦げた!

 こ、焦げた!

 七草粥・・・のはずだった・・・orz

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008/01/05

迷い??

 って言いたくなるほど、速攻で見ました。

 Sphere_2

 この映画・・・大あたりでした。

 原作は文庫本2冊ということで、ご多分にもれず、状況設定の変更やカットされている部分は多々あったものの出来としては、原作以上の評点を与えたいくらいです。


 私はホラー映画の中でもっとも好きであり、最も怖いと思うが、ヒッチコックの「サイコ」なのですが、人が残虐な殺され方をするというよりも、シャワーシーン一つで怖さを表わすサイキックホラーがとても好きなので、この映画はそれにぴったりとくる感じでした。


 というのは、原作では巨大イカに人が殺されていくのですが、映画では、巨大イカに人が殺されるシーンはありません(巨大イカに殺されたのかもと推測されるのは1名いますが)。それどころか、イカはソナー(潜水艦のレーダーのようなもの)に検知されるものの姿を見せないのです(製作費の関係でロボットが作れなかったのかも知れませんがw)。


 それがより一層怖さを煽り、文中にも出てくる「異星人と接触するときに最も起こりうる心理状況」=「究極の恐怖』を明確にしているように思います。

 ラストシーンも、原作では『カルネアデスの板』的要素が強いのですが、それを『自分の恐怖心と戦う』ということにすり替えることで、より一層人間の深層心理に根付く恐怖心を煽るような作りになっています。


 これは原作になかった、宇宙船の乗組員が死んでいる原因について言及する場面でもより一層強調されています。


 要するに、テーマを一つに絞ることで、うまく脚本がまとめられているなという印象を受けるわけですね。

 『タイムライン』は原作で散々ネタを振っていた前振りが、全くカットされていたことで、テーマがぼやけていたのに対し、本作はテーマを一つに絞ることによって、それを強調し、うまくまとめあげていたことによるのでしょうね。

  実はTSUTAYAで3枚3000円セールをやっていたので、「Once Upon A Time In America」と「酔拳2」とこの3枚を購入したのです・・・1枚330円で借りて1時間かけてDVDに焼き、更に返しに行くことを思えば、1000円なら買いなのです・・・が買っておいてよかった~♪


 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

迷い所・・・・

 『タイム・ライン』を読んで、すっかりマイケル・クライトンに嵌った私が次に選んだのが

 Photo


 『球体~スフィア~』(上・下2巻)である。

 地球外知性生命体なのか、それともタイムトリップなのか?という謎を解き明かす学者達という設定なのだが、マイケル・クライトンの傾向として(とはいっても2作しか読んでないけどw)、軍人が嫌い、そしてキリスト教的要素が強いという感じだろうか。


 キリスト教的要素が強いという点では、同じ学術的要素の強いダン・ブラウンとは真逆の感じを受ける。ダン・ブラウンは宗教色の強い(欧州文化という点ではキリスト教は避けて通れないため)作風だが、どちらかというと反キリスト教的であり科学的要素が強いのに対し、マイケル・クライトンは科学的要素が強いのにも関わらず親キリスト教的要素が強いと言える・・・と思う(まだ2作だからとっても不安w)。

 さて、迷い所というのは、次、何を読もう?というのではない。

 マイケル・クライトンが映画プロデューサーであることを忘れてはいけない。この小説も映画になっているのだ。

 しかも、上の小説の表紙の写真で分かるとおり、主演は、ダスティン・ホフマン。そして共演は、サミュエル・L・ジャクソンに、シャロン・ストーンだ。俳優陣はとても豪華。それは認める。


 ただ、『タイム・ライン』の出来のひどさにびっくりした私としては、『ジュラシックパーク』の出来を期待しつつも、『タイム・ライン』だったらどうしようと思って、DVDを借りるか借りないかで迷っていると、そういうわけなのだ。

 ま、たぶん、見るけどね^^

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2008/01/04

初出社

 出勤といわずに、出社というところがミソですね。

 正月休み明け・・・世間はまだ完全にお休み。

 やる気もなにもあったもんじゃあございません^^;


 それにそもそもが・・・昨日布団に入ったのは1時過ぎなのに、眠りに就いたのは4時を回っているという、体内時計が完全に36回生飲み会タイムになっており、めちゃくちゃ眠いわけですね。


 淹れた珈琲の冷めるスピードも速いことだし、さっさと飲んで、机の片付けでもしますかねえ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/01/02

兵庫県立S高校36回生同窓会。

 になぜか参加してきた39回生のグーパパです。

 一応、裏方ということで呼んでいただきましたが、わざわざ我々(もう一人は同じ39回生のるるちゃん)のために仕事を作ってくださったかのような感じでした。

 2時半開始の同窓会の裏方ということで、リハ等打ち合わせのため11時半に入るべく、家を出たところ(私は基本、到着時間を15分~30分程度早めに見て出かけるのです)、なんとなんと、地下鉄が事故で駅間で止まるという事態に・・・

 どうやら長田駅構内に人が入った(落ちた?)らしく、長田駅手前で15分くらい停車してしまったのです。

 慌てて、11時に入ると言っていたるるちゃんにメールをするも、返事が来ず、忙しくて伝わってないのかも・・・と大焦り。

 まあ、15分程度の停車だったため、なんとか約束の11時半には入ることができて一安心。

 バンド、校歌斉唱、ピンクレディ等の出し物のリハを見学しつつ、買い出しに行ったり、打ち合わせをしたりして時間がどんどんと過ぎていきます。

 朝ご飯を普段は食べないか、せいぜいパンを食べる程度なのですが、この日はいつ食べられるか分からないという覚悟をしていたので、朝からハヤシライスを食して出かけていて大正解。


 実は食べる時間はあったのですが、緊張感を持って過ごしていると、おなかが減らなくなるということで、先輩方にお昼を勧めていただいたり、スイーツを勧めていただいたりしたのを、ことごとくお断りするという、失礼な事態に・・・勧めていただいた方々、すいませんでした。


 そして、楽屋で着替えをし、準備している先輩を茶化しつつ(茶化した先輩は一人だけですがw)、楽しい時間を過ごしているうちに、本番へ。

 バンド系の先輩方は、20年ぶりくらいに音を合わせたはず(リハや、準備期間の中の練習はあったようですが、人前で合わせるという意味)なのに、これがまたカッコいい!!!


 ただ、音楽を必死にやっていた学生時分よりも、きっと40を超えて人としての円熟味を増した人たちが、こうして演奏するのはまた格別の味があるのでしょうね(プロとして活躍されている方もいらっしゃるようですが)。

 超ミニでフリフリの衣装で踊られたピンクレディは、先生方にも大好評だったようで、これまた、ばっちりきまってかっこよかったわけです。


 楽屋でのリラックスした顔と、ステージでの真剣な顔のギャップを知るというのは、裏方ならではの醍醐味でしょうねえ。

 さて、45分の予定だったステージが、20分押しで始まったゲーム&クイズ大会。

 お水の時代や、バンドマンとしての時代の豊富な経験を生かしたNオ兄貴の司会っぷりは、本当に見事で、20分押しの時間の帳尻をしっかりと合せてしまう(二次会の予約時間があるため、終わらせないといけない)離れ業を見せていただきました。


 まあ、私の至らないポン出しや、ゲームの準備でしたが、それをも上手くカバーしていただきました。

 とにかく、企画、準備(小道具からSEから、カラオケの編集から、何から何まで)、そして当日の司会から、ご自身のステージをすべて一人でこなしたNオ兄貴の超人ぶりには、本当にびっくりした一次会でした。


 というわけで、あっという間の一次会終了の18時。


 全生徒450人中80人近い人数が集まったということもあり、とにかく大人数で入れる、「ウキウキトーキング」な店へと移動。

 私たち(Nオ兄貴、るるちゃん)は、片付けや清算があったため、遅れて入ると、もうそこは出来上がった人たちがたくさんいるわけで・・・ただでさえ、すごいパワーに圧倒されているのに、まあ、なんとも言えない雰囲気でしたw・・・ここで、Nオ兄貴に我々39回生の二人を紹介していただいて、あちこちからご丁寧なご挨拶を頂戴いたしました。


 この場をお借りいたしまして、もう一度深く御礼申し上げます・・・ありがとうございました。

 高校のクラブ関係の懐かしい先輩たち、そして、Mixiでのお仲間でこの日初対面となった先輩たちとご挨拶を交わしての飲み会はまた、本当に楽しいものでした。

 ここは予約の時間が2時間だったことと、遅れて入ったことで、あっという間に終了。

 三次会はすぐ近くのカラオケ屋さんへ・・・(他にも静かに飲みたいとバーへ行く方もいらっしゃったようで、各自バラけて三次会へということです)

 しかし、なんと三次会の参加人数が最終的に数えてみると47人(笑

 年末のカラオケ屋、1室に入るはずもなく、カラオケ班と、語り合い班に2室に分かれて入ることに・・・

 それでも人、人、人の、洪水状態。

 グラスも足りないのか、最初乾杯も出来ないくらい注文のドリンクが来ないw。

 部屋は暑いは、なんだはで、のどが渇きまくりの状態となりました。

 私は廊下に椅子を出して、クリームソーダを飲んでいると、先輩方からまたもや、たくさんお声かけいただきました。


 廊下でもたくさんお話させていただきましたが、どうにもお名前を全部覚え切れていないという不届きな次第で・・・・すいませんです。

 まあ、一通り盛り上がりを見せたところで、Nオ兄貴から「バンド連中が裏切りやがって、バーで静かにのんどるんやけど、お前どうする?」と声をかけていただいたので、るるちゃんと共に、そちらへ合流することに・・・。

 東門の静かなラウンジで水割りを飲むのは格別ですねえ。カラオケ屋で大騒ぎもいいですが、こういう静かな雰囲気もまたいいものです。

 ただ、年末ということもあって、実は掃除をしてらしたところを開けていただいていたようで(ママ以外には女性はいなかった)、12時にてそこはお開きに・・・ここで帰れよという声もありますが、ここからが辛いやら楽しいやらのお時間なのです(笑

 カラオケ班も丁度12時に終わるということで、再び合流して向かったのが、なんとS高校42回生の人がやっているバー。


 実は先輩36回生、我々39回生、後輩42回生というのは、全て入れ替わりで、バッジの色が黄色という共通点がある(担任なども被る可能性が高いわけですね)ということで、それでひとしきり盛り上がり、楽しいお話に花が咲くわけです。

 夜中の3時頃でしたでしょうか?別のところで飲んでいたマゾーン先輩らも合流し、この四次会の最終参加者は18名ほどとなり、そのまま朝へ・・・ええ、とても四次会の人数とは思えませんw。

 私も4時前後にかなり眠い状況となり、船を漕ぎ漕ぎお話を聞かせてもらいました。

 結局、始発の電車で帰宅・・・・

 ここ数年まつたくなかった徹夜での飲み会をこの半年で4回くらい経験するということになりました。

 写真などはここでは曝せないのが残念ですが、本当に楽しい飲み会でした。

 毎回、帰るたびに、「しんどい、もう今度は早く帰ろう」と思うのですが、先輩方のパワーと面白さには本当勝てないんですよねえ。

 また、きっと次回も朝帰りとなることでしょう・・・・

 最後に、お手伝いと言うほどのお手伝いをしたわけでもないのに、全ての飲み代を御馳走していただきまして、本当にありがとうございました。こういう場所に呼んでいただくだけでもありがたいことなのに、後輩冥利に尽きます。


 なかなか私らの代は集まることがないので、残念ですが、このよき伝統をどこかで伝えていけたらなと思います。


 皆様、今年もよろしくお願いいたします。そして、良い1年にいたしましょう~♪


 ありがとうございました。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/01/01

Happy New Year!

 あけましておめでとうございます。

 旧年中は色々とお世話になり、ありがとうございました。


 本年が皆様にとって更なる飛躍の年になりますよう、心よりお祈り申し上げます。

 本年もよろしくお願いいたします。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »