« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008/02/29

頂き物

 大好きなパウンドケーキを頂いたhappy02


 頂き物


 

 カロリーオーバーには目をつぶろうっとgawk

| | コメント (12) | トラックバック (1)

スパイスィー(追記あり)

 一昨日・・・インド人が共同で所有するビルの会計を務めている関係で、毎年恒例のオーナー会議へ出席するために大阪の船場にあるインド料理店へ。

 そして、今日、インド人のお客さんが夕方から相談に来られて、そのまま神戸のインド料理店へ。


 本格インド料理を3日で2回も堪能して、家に帰ってみると、うちのグーがクンクンと匂いを嗅ぎまわるdog


 そこでふと気づく。

 確かにカレーの匂いがぷんぷんとしている・・・・


 まさにカレー臭漂う男。加齢臭よりはマシか・・・・coldsweats01


 とオヤジギャグでも一発かましておいて・・・おやすみなさいsleepy

 追記:ちなみに一昨日(記事上で)行ったのは

     ミルチマサラ

     昨日行ったのが

     アールティ


     アールティの方は店の入口すぐ横にタンドリーがあるので、見るだけでも結構楽しいです。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/02/27

ややこしや~

 元ロッテの黒木がマリナーズのキャンプを訪れたらしい。

 そこで、城島とは、趣味の磯釣りの話で盛り上がったとか・・・

 こういう釣りはいいんだけれど、所謂、フィッシング詐欺は、本当に迷惑な話だpout

 先日


 service@ac.ebank.co.jp


 こういうメールアドレス先から、一通のメールが届いた。

 イーバンク銀行をご利用いただきありがとうございます。

 メッセージがあります。詳細はログイン後「メッセージボックス」をご覧ください。(CC65)
 http://home.graffiti.net/e-bankfes/ebank23412234.html

 イーバンク銀行

 というもの・・・

 しかし、私は、ジャパンネットバンクには口座を持っているが、イーバンク銀行には持っていないため、問い合わせたところ、やはりこのURLは、イーバンクのものではないとの回答が返ってきた。


 で、今日・・・・

 こんなニュースが出ていた。


 やっぱり、そうかいangry・・・って感じだ。


 というわけで、みなさんも上記のメアドからのメール、URLには十分気をつけてくださいね。


 しかしまあ、そもそも、どこから私のメールアドレスが漏れたのやら・・・despair

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/02/25

一言で言うと・・・

 イヤだ。


 来年の大河で主役を演じるのは妻夫木クンらしいが、彼にはなんの恨みつらみもないけれど、彼が直江山城守を演じるのは、どう考えても、イメージに合わない。

 直江山城守と言えば、上杉景勝の家老であり、時の関白秀吉から、直参30万石で部下にならないかとの誘いを断り、関ヶ原の決戦前には、あの有名な直江状を家康に叩きつけるなど、剛直な一面を持つかと思えば、彼が所持し、愛読していた史記は今や国宝として所蔵されているわけで、書物に親しむ一面を持つ知勇兼備の名将として知られている(ちなみにこの史記に注釈を入れたのが、彼の友人であり、カブキ者で有名な前田慶次郎である)。

 私が戦国武将で好きな人を5人挙げろと言われたら、必ず入るのがこの人である。


 この人の魅力を語るのには、経歴だけでなく、彼の具足を見ていただきたい。


 200pxnoae_kanetugu_yoroi

 知る人ぞ知る、『愛』の前立てである。勿論、現代の概念の『愛』ではなく「愛宕権現」から取っているという話だが、それでも現代人の感覚から言わせれば、どことなく雅やかで、剛直な武将の前立てとは思えないものだ。

 これを妻夫木クンが着るのかと(もちろんレプリカだけれど)、ちょっとねえ・・・・と思わざるを得ない。

 と散々言ってみたものの、元々大河は見なくなって久しいんだけれどねbleah


 ちなみに山城守というのは、名前ではなく、官職名である。私の好きな武将なので、避諱してあるだけなので、他意はございません。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/02/18

自己防衛。

 もはや外食はできない時代となってしまったのか?と思う。

 元々、私は外食が好きではないし、コンビニ弁当も好きではないので、世間一般の独身男性と比べると、これらのものを利用する機会は少ない方だと思う。


 しかし、サラリーマンである以上、1日1回は外食をする羽目になる。そう、お昼ごはんだ。以前、自分で弁当を作って行ったこともあったが、さすがに、時間的にきついこともあり、やめてしまっている。

 ただ、餃子のみならず、中国産冷凍サバからも殺虫剤が検出されたとなると、もうチェーン系の和食屋さんでお昼を取るのも嫌になってしまうdown


 外食、特に一人での外食が苦手な私は、ささっと済ませて、ささっと出ていける、牛丼屋、ラーメン屋、定食屋はお昼には欠かせないものなのだが、イチイチ、「これは、どこ産なのだ!angrythunder」と海原雄山ばりに聞けない私としては(もちろん、一口食べて、これがどこ産と分かる舌もないしbleah)、自己防衛をするならば、またもや、弁当か・・・しかも冷凍食品使いづらい・・・と思うとげんなりしてしまうわけだ。

 まあ、そんなに気をつけて長生きしてどうする?という話もあるが、しょうもない毒物食わされて、苦しんで死ぬのは嫌だしねえbearing

 はてさて・・・・どうしたもんかねえthink

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2008/02/16

堂々と・・・

 生きていく限りは、堂々と生きていきたいと思う。

 別にビンボーでもいいし、一人モンでも構わないのだが、何かにびくついて生きていくのは嫌だなと思う。


 先日も書いたように、なんだか、世の中世知辛いというか、何をそんなに恐れているのだろうと思うことが多い。

 Sominsai

 このポスター、岩手県の黒石寺の蘇民祭のポスターなのだが、『裸祭りのポスター掲示断る 「客に不快感」とJR盛岡支社』ということで、先日ニュースになっていたものだ。

 確かに、これがananに山ピーのヌード写真と一緒に写っていたら、気持ち悪い、不快だという話も分からなくはない。


 が、これはあくまでお祭りなのだ。この写真自体は、昨年のお祭りの時のものであり、別に作ったわけではない。昨年のお祭りの模様を、実は私は、『クイズ紳助くん』で見たので知っているが、このポスターの人が言うように、1週間の精進潔斎を経て、お祭りで凄まじいばかりの水攻め、火攻めに遭った後の模様なのだ。

 気持ち悪いというよりも、むしろよく撮れてるなと私なんかは思うんだけれど、皆さん、いかがですか?
 


 いわゆる憑物がついているような感じと言うのがぴったりなのだろうね。それを気持ち悪いという奴には言わせておけというのが、実際の祭りの当事者や、黒石寺の住職の話なんだけれど、まつたくそのとおりだと思う。

 ちなみにこの写真の人の今年、インタビューに応えている姿が

 Sominnsai2

 こちら。フツーのおじさんである。ちなみにこの方、今年のお祭りは世話役で出たらしい。


 まあ、何が言いたいかと言えば・・・・・

 JRは客を大事にすることと、客に媚びることとをはき違えているのではないか?ということだ。

 我々の税理士業界も、この時期、いろんな相談の電話を受けるが、明らかに脱税ありきで電話をしてくる人に対しては、いかに報酬をはずむといわれても、断ることにしている。だから、貧乏なのかも知れないが、顧客サービスと、媚びることとは違うのだと私も、所長である父親もそれに対しては同じ意見なのだ。

 このお祭りについては、男性が下帯をつけないでやるのが本来らしいのだが、それについても、県警が公然わいせつにあたるとか、注文をつけたらしい。


 勿論、警察の言い分として「神事を利用して、露出したがる人がいる」というのは確からしい。


 ただ、だからと言って、全て事なかれ主義で、禁止しておけばいいだろうというのは、大きな間違いだと思う。それは1000年以上の伝統を誇るものだからとか、神事なのだから、という問題だけではなくだ。

 人間が社会で生活をしていく限りは、どこかで妥協をし、他人の目を気にして生きていかないといけないのは確かなのだが、なんでもかんでも、ビクビクとおびえるかのようにしていくのは、大きな危険を孕んでいるように思われてならない。


 JRにしても、不快だというお客がいたら、「申し訳ございません、しかし、これは神事ですので、興味本位で飾っているものではありませんから、お許しください」と言うのが、地域発展のためになるのではないだろうか。

 県警にしても、神事を外れたところで露出する人間がいれば、それを取り締まるべきなのではないだろうか。

 それが大会社たるJRの、そして、公僕たる県警の役割のような気がしてならない。

 のんびりと、そして堂々と生きていきたいよね、ホント。


| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/02/13

蝸牛の夢。

 『関ヶ原』を読み終わった後は、当然の如く、次は大阪の役を描いた

 Jousai

 『城塞(上)(中)(下)』司馬遼太郎著を読んでいる。

 それとは関係がありそうでなさそうな話なのだが、この辺の話の前時代の主役、豊臣秀吉の辞世の句は

 「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢 」


 というものである。

 私の好きな辞世の句の一つなのだが、天下人の辞世とは思えないほど、儚い句だなと思う。

 信長が好んで舞った敦盛の「人間五十年 下天のうちをくらぶれば 夢まぼろしのごとくなり」とも共通する世界観だが、大名の子として育った信長よりも、一農民から天下を獲った秀吉が言うからこそ、より儚さが強調されるような気がしてならない。


 この世界観をもっともっと強調したのが『蝸牛の夢』という言葉なのだ。これは、この今現実世界として認識されているこの世界が、実は「蝸牛」つまり「かたつむり」の夢に過ぎないという、人生の儚さを謳ったものなのだ。


 そして、今日、その概念を映像化した映画

 Matrix


 『Matrix』を見ている。私が思うに、この映画シリーズはやはり2,3は駄作だと思うわけだが、それは、1作目のこの概念がまつたく損なわれているところにある。

 細かな、矛盾点は多々あるものの、この1作目の素晴らしさは、特殊映像にあるだけでなく、この概念にあるのだと私は思っている。


 現実社会で、我々が、あくせく走り続けて生きていくことが、虚しく思われる時があるかもしれない、そういう自分に疲れる時があるかもしれない。そういう時は、ちょいと立ち止まって、「所詮はかたつむりの夢かも知れないね」なんていう軽い気持ちで過ごすことが大事なんじゃないかな?なんて思う。


 同級生に癒しの日記を書いてくれなんて言われたけれど、人を癒す日記がそうそうかければ、今の仕事を辞めて作家になってる(笑。

 ちょいと固い文章になったけれど、どうでっしゃろか?

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/02/11

最近の読書事情。

 『タイム・ライン』でマイケル・クライトンのち密さにはまって以来、『球体~スフィア~』を読み、ついに『ジュラシック・パーク』を買ったのはいいのだが、まつたく読む気が起こらないまま10日以上が過ぎたclock


 活字中毒者としては、困ったもので、何か読もうと思い立って買ったのが


 Sekigahara

 司馬遼太郎著『関ヶ原(上)(中)(下)』。3冊で1700ページほどになる大作だ。もうまもなく佳境の関ヶ原の合戦に移ろうとしているところを読んでいる最中だtyphoon


 こうしてこの本を読んでいると分かったfuji


 なんのことはない、歴史小説が読みたかったのだ。


 どうやら風邪をひいたらしく、頭には冷えピタが乗っかっているが、読み終わるまではやめられそうにもなくなってきたようだ・・・あと230ページ。石田治部には過ぎたるものと言われた名将島左近の散りざまを読んでしまおうっとconfident


| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/02/05

のんびり行こうよ。

 世の中世知辛い。bearing

 何かというと自粛だのなんだのと、人を追い込むことが多いんじゃないのかな?っと思う。


 「ブラジャーが透けるくらい・・・」っていうCMも不快だとかなんとかでセリフが差し替えとなった。まあ、CMの場合、不快といわれて差し替えましたなんて言う方が、話題になるから、宣伝効果も・・・っていうのもあるのだろうけれどね。

 腐るわけないんだ。


 何が?ってギョーザが・・・じゃなくって、羊水が・・・だ。

 確かに老化はあるらしい。そりゃそうだよね。羊水とは言え、組織液なのだ。

 風呂上がりに化粧水を山ほど・・・いや表現がおかしいな・・・湯水のごとく・・・元々水やし・・・まあ、たくさんだ、たくさん顔に塗りたくることを思えば(私が塗っているわけではないですがw)、年齢と伴に水分が減ってくることは誰にでも分かることだ。


 まあ、それはさておき・・・


 たかが一歌手の発言だ。不快になるもんかねえ。

 しかも彼女の真意とは違うところで、発言が大きくなり、その部分だけが切り取られているようだ(知らんけどw)。

 「そりゃあんた、妊婦がどれだけ神経質になるか男やからわからへんねん!!rock

 って言う人もいるかもしれない。ただ、そこまで心配なら、一歌手の発言を鵜呑みにするんじゃなく、自分で医者に聞けよ、本読んで調べろよと言いたい。pout


 だって、自分だけじゃなく大事な命を授かってるわけだろ?って。

 ちょっと考えれば分かること。羊水が腐るわけないってね。


 つまり、彼ならこういうだろう

 Kodama

 「そんなやつおらへんやろ~」と。


 まさに、彼女はチッチキチーなやつってことで、笑って馬鹿にしておしまい・・・これが普通なんじゃない?って思う。彼女の妹もおバカタレントとして世に出てきていることだしねえ。

 それを寄ってたかって、いじめるかねえ。私から言わせれば、こんなつまらんことで活動自粛させるやつのほうがよっぽど不快だ。

 ま、いろんな人の思惑があるんだろうけどねえ・・・。


 とにかく、なにかというと、自粛だの差し替えだの謝罪だの・・・ギョーザや某料亭や、社会保険庁ならいざ知らず、もうちょっとのんびり行こうよ、ホント。sun

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2008/02/02

臭い・・・

 と言っても、ギョーザが薬臭いとか言うのではない。


 もっともっときな臭い話・・・JT株、ギョーザ事件公表2日前に急落…証取委が調査


 このギョーザ事件。中国の工場が元と言われていたり、パッケージに穴が開けられていたという人為的損傷の恐れが指摘されたりしているけれど、どちらにせよ、消費者にとっては迷惑な話だ。

 しかし、これにインサイダー取引が関わるとなると、また話は変わってくる。こういう食品を取り扱う、もしくは管理する会社の内部調査の情報が簡単に漏れているとなると、JTという会社そのものの資格が疑われるといわざるを得ない。


 つまり、食品の管理はできない、機密は漏れまくりでは、この会社の何を信用したらいいのだろうか?内部調査の結果を発表したとしても、それが情報操作ではないと誰が言うことができるのだろう。私は全くタバコを吸わないのだけれど、普段、人が口にするものを扱う会社としては、あまりに軽率すぎはしないか?ということだ。


 中国を批判するのは簡単だけれど、その前に日本人も襟を正さないといけない気がしてならない。

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »