« 自己防衛。 | トップページ | ややこしや~ »

2008/02/25

一言で言うと・・・

 イヤだ。


 来年の大河で主役を演じるのは妻夫木クンらしいが、彼にはなんの恨みつらみもないけれど、彼が直江山城守を演じるのは、どう考えても、イメージに合わない。

 直江山城守と言えば、上杉景勝の家老であり、時の関白秀吉から、直参30万石で部下にならないかとの誘いを断り、関ヶ原の決戦前には、あの有名な直江状を家康に叩きつけるなど、剛直な一面を持つかと思えば、彼が所持し、愛読していた史記は今や国宝として所蔵されているわけで、書物に親しむ一面を持つ知勇兼備の名将として知られている(ちなみにこの史記に注釈を入れたのが、彼の友人であり、カブキ者で有名な前田慶次郎である)。

 私が戦国武将で好きな人を5人挙げろと言われたら、必ず入るのがこの人である。


 この人の魅力を語るのには、経歴だけでなく、彼の具足を見ていただきたい。


 200pxnoae_kanetugu_yoroi

 知る人ぞ知る、『愛』の前立てである。勿論、現代の概念の『愛』ではなく「愛宕権現」から取っているという話だが、それでも現代人の感覚から言わせれば、どことなく雅やかで、剛直な武将の前立てとは思えないものだ。

 これを妻夫木クンが着るのかと(もちろんレプリカだけれど)、ちょっとねえ・・・・と思わざるを得ない。

 と散々言ってみたものの、元々大河は見なくなって久しいんだけれどねbleah


 ちなみに山城守というのは、名前ではなく、官職名である。私の好きな武将なので、避諱してあるだけなので、他意はございません。

|

« 自己防衛。 | トップページ | ややこしや~ »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

さすがに物知りですね。

僕は全く知らない武将でした。
よって、誰が演じようがイメージを持ってないので、どうしようもないな。

投稿: ドテチン | 2008/02/25 07:04

ちょこっと名前が出ていますが、前田慶次郎のことを描いた漫画「花の慶次」にも直江山城守は出てますよ。
諱は、兼続(かねつぐ)と言います。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9B%B4%E6%B1%9F%E5%85%BC%E7%B6%9A

こんな人です。

投稿: グーパパ | 2008/02/25 07:58

ええやん!!
ええやん!!

妻夫木く~~ん♪

投稿: wappy | 2008/02/25 09:14

私もこの武将は知らないのだが、、、妻夫木君は好きです。heart
でも、イメージ違うの???
グーチャンがキャスティングするなら、誰でしょう?

投稿: とん♪ | 2008/02/25 10:03

私も妻夫木くんは好き♪
彼からはさわやかな水色の風がふいてくるよねw
大河ドラマは長いことみてないなぁ。
最後にちゃんと見たのって「伊達政宗」かも。

投稿: mic | 2008/02/25 13:20

>wappyさん
やっぱり、そういうと思いましたよ(-_-)


>とんさん
やっぱり、妻夫木クンはモテるんですよねえ・・・ダカライヤナンダ。
私がキャスティングするなら?
やっぱり世界のケン・ワタナベでしょうかねえ。


>Micさん
伊達政宗・・・私も観てました。
そういや、ケン・ワタナベをキャスティングすると敵同士を演じることになっちゃいますねえ。
家老の身ながら、伊達政宗をかなり小ばかにしてますしねえ、直江山城は。

投稿: グーパパ | 2008/02/25 13:45

ぐーちゃん博識ね~。
知らないだけで、名将は昔の日本にはいっぱいいたのね。
現代の政治家に名将が欲しいわね。

投稿: る~ | 2008/02/25 21:09

いえいえ、偏っておりますから。
博い知識ってわけじゃあございません。

興味がある(妻夫木に?w)ようでしたら、大河を是非・・・NHKの回し者ではないですけれど^^;

投稿: グーパパ | 2008/02/25 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/53085/40252748

この記事へのトラックバック一覧です: 一言で言うと・・・:

« 自己防衛。 | トップページ | ややこしや~ »