« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/30

今更ながら・・・

 岡田ジャパンの話。

 先日の負けた試合、途中まで見たけれど、つまんなかった。

 とにかく点の入る匂いがまつたくしない試合だった。

 オシムが築きあげ、ようやく日の目を見そうな時にオシムが倒れたことがつくづく悔やまれる。

 ポジションチェンジをしながら、ボールも人も動くサッカーは、確かに危なっかしい局面を迎えることもあったが、それでも、試合を追うごとに点が取れるサッカーをしていたように思う。

 岡田は敗戦後、「今後は自分のやりたいようにやらせてもらう」とのコメントを残した。

 ディフェンスも人対人で守るのではなく、ゾーンにするらしい。そうすると、DFのオーバーラップ。特にオシム時代に見られた、阿倍やトゥーリオなどの豪快な攻め上がりはもう見られなくなるだろう。相手が1トップであったとしてもゾーンを守るということはそういうことになる。


 相手が攻めてくるブラジルやスペインのようなチームならば効力を発揮するだろう。現にフランス大会で加茂の後を受けて監督となった岡田は、アルゼンチンやクロアチアといった強豪を、ある程度封じ込めたのだから(ただ、相手が予選リーグということで全力ではないということを付け加えておく)。


 ただし、このW杯予選のような引いて守ってカウンターという相手には苦戦を強いられるだろうね。きっとまた点が取れないに違いない。それは俊輔を呼んでも同じことだろうと思う。


 私は日本代表が嫌いではないし、W杯はずっとずっと日本が出られたらなと思っていたし、出られるようになってからもずっと応援してきたが、ここで言いたい。

 次のW杯には、出られなくてもいい。むしろ出てほしくない。

 このままの状況でダラダラでても仕方ない。

 前に言ったが、サッカー協会の根本、つまりどういった強化をするのか?という基本方針がぐらぐらのままでは、どうしようもない。

 日本のサッカーの色というものが、いまだ確立されないような強化方針でどうするのだろうかと言いたい。

 岡田でW杯に出られなかったとき。責任は岡田にあるのではなく、協会にある。もっと端的にいえば川淵にある。

 ジーコで全然だめだった責任を取ろうともせず、オシムという監督を据えることで、矛先を転じ、オシムが倒れたら岡田という、まつたく一貫性のない監督人事を繰り返している川淵の責任は重い。


 確かに、Jリーグ立ち上げ時に大きく貢献し、今のサッカー人気は川淵のおかげと言っても過言ではないところはあるのだが、それでももう罪の方が大きくなるのではないだろうか。そうでないにしても、そろそろトップが変わらないとどんどん腐っていく一方だと思う。


 というわけで、当分サッカーの応援はしないことにする。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008/03/29

晩御飯

 晩御飯

 
 豚バラ肉炒め、ほうれん草とモヤシのナムル、キムチのビビンバ風

| | コメント (6) | トラックバック (0)

エース不在と4番健在。

 開幕投手は安藤。昨年は福原と共にまつたくと言っていいほど役に立たなかったわけだが・・・


 開幕投手という大役を任されて、結果は5回2失点。

 一応の役目は果たしたといってもいいのかも知れない・・・・

 しかし、開幕投手というのは、その年1年間ローテーションの中心となるべき人物なのだ。ドラゴンズは川上だしね。まあ、どこかの球団は当然任せるべき上原に任せず、去年の実績だけで尚成を登板させていたが、開幕戦は中心を決めるという意味では、当然上原であるべきなのだ。

 ま、他球団の話はおいといて・・・だ。

 その安藤。試合後のコメントが気に食わない。


 「最低の中の最低限の仕事だったと思います。少なくとも6回か7回は投げたかった。周りにはそのぐらい期待されていたから、きょうは不本意です」


 と言っている。

 最低中の最低限っていうのは確かにそう。周りの期待も6~7回っていうのも分かる。なぜならばJFKという強力なリリーフ陣がいるのだから。

 ただ、それは3番手4番手のピッチャーの仕事なのだ。とにかくJFKにつなぐっていうのは。

 5回で降板を告げられて、ふてくされた松坂を見習って欲しい。「自分の仕事はJFKを休ませることだと思っています(勿論、打たれるという意味ではないw)」「完投したかったです」と嘘でもいいから言うのがエースだろうと言いたい。

 今年も後ろの3人におんぶに抱っこかよと思うと、暗澹たる思いにかられる。

 その一方で、やはり4番だなあと関心させられたのが金本。しかも同点打は、三塁打だった。足も全開である。


 その上いつもは、ジョークで笑わせるお立ち台も、自らの手術を省みて、スタッフへの感謝の言葉を忘れない辺りが人間としても感心させられるわけだ。


 調子は本調子ではないと思う。しかし唯一の安打をこういうところで持ってくるのだから、やはり役者なのだなと思う。


 エースの不在と4番の健在振りを改めて認識させられた開幕戦であった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008/03/28

謝々

 昨日のK先輩の送別会では、幹事のNオ兄貴とK先輩の友情の篤さを感じたわけですが、そんなK先輩の送別会というのに、その前日が私の誕生日だったということもあり、先輩方からプレゼントを頂戴いたしました。


 まずは・・・

 謝々


 今日の晩御飯なのですが、プレゼントはご飯・・・ではなく、その下に敷かれているシンプルで素敵なランチョンマット。


 まるさんから頂戴いたしました。

 こういうシンプルなものだと、どんなご飯にも合いますからいいですよねえ。ありがとうございました。

 ちなみにご飯は、鮭ハラス焼き、ホウレンソウのお浸しwithいかなご釜揚げポン酢がけ、切干大根・しめじ・薄揚げの炊いたん、納豆です。


 昨日食べ過ぎたため、今日はカロリー控えめの和食ですね。

 とは言うものの、少々物足りない感はあるわけで・・・


 謝々


 ちょっと甘いものと、いきたいわけですね。Henri Charpentierの『しあわせサブレ』。る~ちゃん先輩から頂戴いたしました。こうして幸せを願っていただけるっていうのもありがたいことですね。ありがとうございました。

 ちなみにお気づきの方もいらっしゃると思いますが、下のランチョンマットはまるさんから頂いた上のご飯で使っているものの色違いです。ブルーのランチョンマットに白の紅茶セットが合いますよね。

 36回生ばかりの素敵な送別会に呼んでいただいただけでなく、こうしてプレゼントまで頂けるとは、昨日はちょいと幸せな気分になれました。


 呼んでいただいたNオ兄貴、プレゼントを頂いた諸先輩方、独身の私に女性を紹介してくださろうとしている先輩方、ありがとうございました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008/03/26

バトン・・・

 ぴくさんから回ってきたバトン。

 うーん、邪魔くさいぞgawk


 まあ、とりあえずやってみましょうか。


 1.あなたのお名前は?:グーパパ

 2.年はいくつ?:本日で39歳と相成りました。まあ、数えで言えば不惑になっているってことですな。

 3.好きなものはなに?:好きなもの・・・モノねえ。ものには執着はないから、分からん。

 4.恋人いる?:大きなお世話じゃweep

 5.好きなタイプは?:って、これは女性のことなのかな?抽象的すぎて困るなあ。女性ならば、本質は優しいけれど気の強い人かな。

 6.嫌いなタイプ:これも女性限定?まあ、媚びる人かな?

 7.あなたの好きな漫画は?:よく読む漫画と好きな漫画は違うんだけれど、好きな漫画ということならば、『陽だまりの樹』

 8.好きな食べ物は:魚。和食系が好き。

 9.好きな音楽は?:洋楽80's。

 10.好きなブランドは?:特にないけれど、フランス、イタリアよりもイギリスのブランドが好き。

 11.回した人はどんな人?:回すのが面倒だから回さないbleah

 12.回してくれた人の心の色は?:旅人だから、旅をしている場所の空の色(この間は中国だったから、黄色がかった灰色に違いないw)

 13.最後にあなたが回す5人に色をつけて:だから、回さんっちゅうの。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

確定申告打ち上げ会。

 すっかり遅くなりましたが、22日に行われた打ち上げ会の模様です。


 2時間半飲み放題のコース料理という特殊な形式の宴会となりましたが、お店のお姉ちゃんが別嬪さん揃い(男性は見てないので知りませんがbleah)という特典付きの宴会でございました。

 *一部料理につきましては、写真を撮るのをまつたく忘れておりまして、申し訳ございません。


 というわけで・・・・


 まずは前菜

 Zensai


 まぐろの角つくり・炙りはまちのおろしポン酢:まぐろのタレが一風変わっていて美味。


 続いては


 Butashabusalad

 黒豚のつゆしゃぶコラーゲンサラダ:水菜などの野菜のしゃきしゃき感が絶妙

 Onion


 淡路産玉葱の黒花焼き 肉味噌がけ:玉ねぎを皮ごと食べちゃいましたが、肉味噌とのマッチングがグー


 更に・・・桜鯛と雑穀米のフカヒレあんかけ、播州地鶏もも炙り焼きと続いたのですが、写真を撮り忘れ・・・coldsweats01


 最後の料理が宮崎産黒豚のつゆちり鍋だったのですが・・・・撮った写真が


 Nabe_toufu

 と、まるで湯豆腐・・・coldsweats02


 野菜と豚肉はしゃぶしゃぶ風にいただく(メンバー中1名がなんと、しゃぶしゃぶ初体験というおまけつきw)ということで、この時点では入っていないわけです。肝心の写真は・・・ないわけですな。

 実際、食べてみると、お汁と、薬味の刻みネギの味が絶妙で、なんぼでも入るという感じ。

 そしてお鍋の締めですが・・・

 Nabe_soba


 うどんでも雑炊でもなく、蕎麦。

 これが先ほどのお汁と刻みネギとの相性が抜群で、あっという間に完食と相成ったわけです。


 デザートが桜のシャーベット(写真なしbearing)。


 ちなみにアルコールですが・・・・飲み放題コースにしたにも関わらず、なんとも上品な(苦笑)感じで、まあ、ドテチンさんの周りには焼酎のロックグラスが積まれておりましたが、へべれけになる人も出ずに、終了となりました。


 こちらには顔写真等を載せられませんので、Mixiに閲覧キーをつけまして、掲載させていただきますが、閲覧キーは、今回、唯一の「先生」のHNの最初の漢字1文字を英数小文字(全部で4文字)にしておきますので、良かったらごらんになってください(分からない方は私に直メッセ下さいね)。

 

 ちなみに2次会のカラオケが終わったのが12時前。なんと終電に間に合わせるとの宣言通りとなりました。

 えー、後は私ごとですが、朝までになるだろうとの予測をいたしまして、集合時間前に『ウ○ンの力』を飲んで臨んだにも関わらず、しかも酒量が少ないのに、Throw upしてしまう羽目となりました。ご心配をおかけして申し訳ございませんでした。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008/03/20

インドの山奥

 でんでんかたつむりんごはまっかかーちゃんおこりんぼーくは泣いちゃった~♪


 という歌が幼稚園の頃流行った。


 確かなんかのテレビの主題歌の歌遊びだったと思うけど・・・


 ということはさておき。

 昨日の夜は、インド人が共同オーナーをつとめるビルの管理組合の総会だった。

 というわけで、またもや昨日の夜はインド料理。


 神戸のISSビル(Indian Social Society)というところのインド料理なのだが、ここは会員制のため、会員の紹介がないと入れない。ここのカレーはとても美味しいので、毎年1回のこの総会がとても楽しみなのだ。

 そして、昨日、お土産にもらったカレーが今日の晩御飯。


 インドの山奥


 てっきりチキンだと思ったら、野菜カレーだった。グー爺は、昨日、紙の手提げ袋にいっぱい、野菜カレー、チキンカレー、ホウレンソウのカレー、豆カレーをもらって帰っている。きっと今日も食べていることだろう。

 そういえば、グー爺・・・昨日の昼もインド人のお客さんと、先日紹介したアールティでインド料理を食べている。よく飽きないもんだcoldsweats01

| | コメント (21) | トラックバック (0)

今日はこんな日・・・

 Paul MacCartneyの離婚が決まったようだが、そりゃまあ、Lindaとの間にできた子供たちが結婚に大反対していた理由も分からなくはないなという感じ・・・というどうでもいい話はおいといて・・・だ。


 今日、3月20日は赤穂浪士が一斉に切腹した日でもあり、一の谷の戦いで平敦盛が熊谷次郎直実に討ち取られた日でもある(旧暦上では日付は違うけれど)。ついでに言えば敦盛の死の3年前には清盛も死んでいる。

 そんな(どんなだw)今日、3月20日は、冒頭でPaulの話をしたけれど、John LennonとOno Yokoの結婚した日なわけだ。ま、Beatlesファンの私も今日、初めて知ったけれど(笑

 というわけで、ぼんやりとこんな曲でも聞きましょうということですね。

 


 しかしまあ、鬱陶しそうな髪の毛だなbleah

| | コメント (6) | トラックバック (0)

ブランチ

 天気がぐずついてはいたものの、墓参りへ行ってからなので、こんな時間に・・・・ 


 ブランチ


 まずは、釘煮トーストwithチーズ。

 バターを塗って、釘煮を乗せて、その上にさらにチーズ、そしてトーストするだけですね。

 コレステロールはちょいと気になりますが、バターは是非とも塗りたいですね。

 ブランチ

 そして2枚目は先日のジャムを乗せてみました。

 後はコーヒーで。


 ま、もう「ブ」の要らない時間ですな

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/03/17

今年も・・・

 第一号ができました。


 今年も・・・
 

 イチゴジャム:イチゴ、ザラメ、レモン汁に私は白ワインをちょこっと加えて作ります。ペクチンは入ってないので、市販のジャムのような固い感じではなく、イチゴシロップに果実が入ってる感じと言った方がいいでしょうか。

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2008/03/16

小腹が空いたら・・・

 こばらが空いたら・・・


 イカナゴ釜揚げと大葉のペペロンチーノ

| | コメント (9) | トラックバック (0)

徒然

 ようやく確定申告も終わった。


 ま、厳密には後2件なのだが、正直どうしようもない(笑

 一つは11日に書類を持ってきたインド人。帳面の残高と実際の残高が合わない。仕方がないので当座預金の取引明細を持って来てもらったのが昨日。今日突き合わせをしてみると、取引明細にないものが帳面に、帳面にないものが取引明細にという具合に、合わないのが当然という有様。


 明日の昼にやってきてつき合わせをすることとなった。言っておくが、明日が申告最終日なのだ。ま、きちんと申告するけどねdespair

 もうひとつは昨日やってきたインド人。預金通帳を持ってきて、「ここに入金になっているのがIncomeだ」という。しかしそこには経費がまつたく計上されていないので、「これはIncomeではなくって、Revenueだよ」というと、「あ、そうだった・・・」という始末sad


 まあ、これも明日なんとか仕上げて終わりという状態だ。


 こういうちょっとHorse and Deerな人たちは放っておいてだ。とりあえず、全顧客の申告を全て電子申告で終わらせた。たった3人しかいない事務所では、お客さんに来てもらって、ハンコを押してもらうだけでも結構な時間を食う。お茶を淹れる、話をする等々と1人あたり1時間としても、かなりの時間的効率はアップしたことになる。

 ただ、顧客に対する説明責任というものが非常に重要になってくるわけだ。つまり、顧客のハンコなしで、申告するため、事前に、どれだけの収入で、どれだけの利益で、どれだけの税額になりますということを、きちんと説明しなければならないわけだ。これが結構簡単に見えて、難しい。

 というのは、たとえば先日のこと・・・・

 この時期の会計事務所勤務の人なら皆さんそうだろうけれど、決算を3件同時進行というような状況になる。


 その中で


 1件は、日本人のお医者さん。帳面は日本語、会話も日本語。


 1件は、日本人の貿易関係の女性。帳面は英語、会話は日本語。


 1件は、インド人の不動産収入。帳面は英語、会話は英語交じりの日本語。


 
 これらの人たちに、申告内容について説明するとなると、もう訳が分からなくなる。

 私は、大学時代英語学を少し勉強したいと思っていたこともあり、文章の読み書きはそこそこ出来るつもりでいる。しかし、ヒアリングがあまりできない。これは脳内の言語野がきちんと発達していないせいなのだろうが、英語と日本語の切り替えが上手くいかないのだ。そうすると一種のパニックになるのだろう、この日はかなり疲れた状態となった。

 というのは、たとえば、申告書は見たことある人は勿論ご存じだろうが、

 http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/yoshiki01/shinkokusho/02a.pdf


 こんな感じになっている。つまり、全編日本語。そうすると、申告書の控えをPDFファイルにして、外国人の所にメールで送っても、相手はまつたく読めない状態なわけだ。だから、イチイチ説明するのだが、先ほど言ったとおり、英語交じりの日本語で会話をするわけなので・・・・


 「左側の3番目の数字がRental Incomeの数字ですね。で、7番目の金額が、年金Incomeの金額です。次のBlueの欄の3のところ、これがProfitの金額です。6のところの数字が、年金Profitですねえ。」とこんな形で説明が進む。さらに・・・


 「Redの欄に入りまして、11番がMedical Deduction、次の12番がHealth Insuranceですねえ。21番がWife Deductionで、奥さんが70歳を超えているので通常の38万円ではなくって、48万円になってますねえ。最後がBasic Deductionの38万円です。」となるわけだ(ちなみに課税所得はTaxable Income、予定納税はAdvance Taxとなり、納める税金はPayble Taxとなる)。

 こんな説明をしていると、頭の中で必死で英語を考えないといけなくなり、そうすると普段無意識で使っている日本語が出てこなくなる。

 その結果、お医者さんに税額の説明をしようとすると、もう「基礎控除」という言葉が出てこないcoldsweats02


 まさに


 Shimaki

 頭の中がちんちらぽっぽー

 である。


 しかしまあ、PDFファイルに保存することで、事務所が紙だらけになることもなくなり、おんぼろプリンターが紙詰まりを起こしてイライラすることもなくなった。申告書控えを紙で印刷して手渡すところもほとんどなくなったし、本当便利な時代になったものだと思う。


 私が入ったころは、まだ申告書がA4サイズではなく、手差しで入れて、印字調整をして、更にプリンターに切り替えボタンがあって、各パソコンからデータを送る時に切り替えをしないといけないし、一人が印刷を始めると、別の人間は印刷待ちをしないといけない状態だった。そういやドットプリンターだったような気がする・・・。


 それから考えると、10年ちょっとの間に、まさに隔世の感を覚えずにはいられない。10年前にこんな時代がくるとは思いもしなかった。むしろ、手書きの時代にグー爺が3日も家に帰ってこなかったことを考えると、その時代ですら、便利になったねえと言っていたわけだから。


 さて、とりあえず、あと2件残っているとは言うものの、片がついたということで、ようやく本格的に22日の打ち上げが楽しみになってきました。22日こそ、その日のうちに帰るぞ~!!!!・・・・あれ?w

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2008/03/14

三食同丼か??

 リーチ一発ツモ、三色同丼!!

 とはならず、対面の餃子に放銃いたしましたとさhappy01

 三食同丼か??

 神戸元町「ぼんてん」の餃子。

 勿論、日本製です(笑

| | コメント (15) | トラックバック (0)

三色丼パート2

 お昼ごはんです。


 三色丼パート2


 三食同丼になるのはイヤだったので、ちょこっとだけ中身を替えてみました。

 高菜
 鰆の味噌漬け
 炒り卵

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/03/13

三色丼

 三色丼

 高菜
 イカナゴ釜揚げ
 炒り卵


 この季節、釘煮もいいけど、やっぱり釜揚げですなhappy02

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008/03/12

やっぱりJAZZ

 1週間のご無沙汰です。

 書くネタはそこそこあるんですが、どうにもこうにも書こうという気になれないもんで、すっかりさぼっておりました。


 もう3年くらい前でしょうか?

 BeatlesをJazzでカバーするオムニバスアルバムを人からもらいました。

 それがなかなかに良いんですよねえ。BeatlesのメロディがJazzになるっていう雰囲気が、大人の雰囲気を醸し出すというんでしょうか?

 なぜ、今まで思い立たなかったのかな?と思うのですが、今日、急にYOU TUBEで探そうと思い立ったわけで・・・

 そうするとですね、恐ろしいものですね、ネットというのは。

 本当に簡単に見つかりました。別にスタッフ総出で探してないのに・・・


 というわけで、今日はこんな感じで、いかがでしょうか?

 

 Matt Duskで「Please Please Me」です。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008/03/04

ほっと一息

 私のようなお気楽会計マンでも忙しいのが、この時期の会計事務所。


 風邪も引きやすいしっていうことで、ほっと一息、お茶の時間に飲んでいるのが 


 ほっと一息


 所謂生姜湯。


 先日、確定申告の話をエクレアねーさんとしていたときに、教えていただいたのだ。


 

 で、昨日早速材料を買って作ったのが


 ほっと一息


 この生姜ジャム。これをティースプーンに1杯山盛りをお湯に溶いたのが上の生姜湯というわけだ。


 これがまた、簡単で体が温まるのだ。

 レシピは、私の作ったのはとてもいい加減なものなのだが、日経プラスワンに載っていたものをご紹介すると・・・

 生姜・・・100g
 砂糖・・・100g
 蜂蜜・・・大匙2杯
 レモン汁・・・大匙1杯
 水・・・大匙1杯

 というもの。生姜を汚れた部分を除いて皮ごと摩り下ろし、砂糖、蜂蜜、レモン汁、水を全部混ぜ合わせて、後はレンジで5分チンとするだけ。

 5分経ったら水分状況を見て、もう一回2,3分チンして終わり。まあ、生姜を摩り下ろすのがかなり邪魔くさいけれど、それさえクリアすれば、後は寝ていても出来る・・・まあ、もっとも寝ている暇もないくらいだけれど。

 ちなみに私は、家に計りもなければ、大匙、小匙もないので、すべて適当。


 生姜は361gあったのは確かなので、それを3等分(それも適当にw)し、3回に分けて作った。


 砂糖はザラメ、蜂蜜はレンゲの蜂蜜を使った(分量は、ザラメはモ○ゾフのプリンの容器に半分弱。蜂蜜はカレースプーンに2杯)。レモン汁もカレースプーン1杯というわけだ。

 味は・・・どうやら生姜の量が多かったらしく、生姜辛いbearing。しかし、もう1匙蜂蜜を加えるとちょうどいい塩梅となる。

 皆さんも、暖かく春の気配がしてきているとは言え、まだまだ寒い日が続きます。風邪予防は十二分にということで・・・・

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2008/03/03

雛祭り

  雛祭り

 近所の魚屋さんのちらし寿司。

 
 雛祭り

 水菜と豚バラ肉のハリハリ鍋風(薄揚げと、大根入り)

 男一人で・・・・

 なんで?(笑)

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »