« 驚き | トップページ | 言葉もない »

2009/06/09

小学生以来の・・・

 本日は、うちの事務所関連の研修旅行で大手Sハウスさんの木津川にある夢工場へ行くついで(と言うか、私的にはこっちがメイン)に奈良の東大寺に行ってきました。


 まずはお決まりの


 Shika


 牛クンでも蛙クンでもない、鹿クン。

 人慣れしてるというか、厚かましいというか、鹿せんべいも持っとらんのに、人の鞄の中へ首を突っ込んでくる。
 決して見かけの可愛さに騙されてはならないっちゅう感じだ。

 Hi


 入った所にある石碑である。世界遺産だのなんだの書いてあるが、イマイチありがたみが薄いのは、他の建物の年季というか、迫力というか、それに気押されているからだけではない気がする。
 要はちゃっちいのだ( ̄Д ̄;;


 だって、ほら、そこからすぐにある南大門にあるのが


 Rikishi1

 Rikishi2


 運慶・快慶の金剛力士像なわけで、国宝だの世界遺産だの言わなくても圧倒されるわけだからねえ。

 Daibutsuden

 大仏殿。でかいというか、存在感はものすごいものがある。

 ただ、不思議と京都のお寺で感じるような霊感じゃないけれど、なんちゅうかほんちゅうか(おほほw)ぞぞっとするような感覚は感じられない。


 ただただ、ぐぐっと迫ってくるような迫力を感じるだけだ。

 それは大仏殿に入ってからも同じ。


Daibutsu

 大仏様こと、盧舎那仏をはじめ

 Kokuubosatsu


 虚空菩薩


 Nyoirinkannnon


 如意輪観音


 Tamonten


 多聞天に

 Koumokuten


 廣目天もそう。


 無言の圧力みたいなものは感じるが(あたりまえ、しゃべったら、かえって怖いヽ(*≧ε≦*)φ)、ひんやり感は不思議とない。

 ちなみに、四天王の増長天と持国天は、首だけが安置されている。

 同じ東大寺でも、撮影が禁じられている法華堂(三月堂)の乾漆不空羂索観音立像や、日光・月光菩薩の方がひんやり感を味あわせてくれた。私は個人的に、この三月堂では、奥にひっそりとある吉祥天がお気に入りとなった。また、ぜひここを訪ねてみたい。なんせ、小学生がいっぱいでうるせー中での鑑賞となったので、ゆっくりと時間を割いて来てみたいと思う。


 後は、時間の関係でというか、メインの夢工場へ行かなくてはいけなかったので、慌てて、四月堂、二月堂を見て回った。二月堂からの景色は

 Nigatsudouyori


 本当に絶景である。i-phoneのカメラは腐っているので、どの写真もこれ以上は無理なのだが、ここへ来るだけでも価値があると思う。
 かわいそうに二月堂では観光客の外人さんが、小学生の集団にサインを迫られていた(苦笑。


 ま、京都や奈良は、修学旅行生を抜きには回れないので致し方ないが、神社仏閣ってやっぱり静かに鑑賞したいなと思いますな。

 ちなみに、お昼は奈良ホテルの三笠にてランチコースであった(ま、一番安いやつだったけれどw)。


 ランチの写真は、Sハウスの人と同席だったので、ございません、あしからず人( ̄ω ̄;) スマヌ


|

« 驚き | トップページ | 言葉もない »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

車でいってきたん?
友達が電車でいったんやけど、ものすごい混雑しててずっとたちっぱなしやったっていってたわ。
奈良はいまほっとなんやね。
久しく行ってないけど、秋篠寺とかいきたいなぁ。。。

確かに、京都の方が「怨念」がこもってる感じがするw
なんでやろ?

投稿: mic | 2009/06/10 00:16

お楽しみ
【大仏さんの鼻の穴くぐり】は?!w ((笑

投稿: wappy | 2009/06/10 14:09

>Micさん
バス旅行ですよ。
先日のインフルエンザの影響で、延びていた修学旅行生がわんさかいて参りましたよ

元々、平城京→長岡京→平安京への遷都自体が怨念を恐れてのものなので、奈良も怨念たっぷりなんですけどねえ(笑


>wappyさん

小学生がわんさかいて、どこにあったかも確認できずでしたw

投稿: グーパパ | 2009/06/10 22:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 驚き | トップページ | 言葉もない »