« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009/11/27

久々に

 本の話。


 前に縁のあった方から紹介されて読み始めたスペンサーシリーズ。


 早いもので、第26作目の

 Hush_money


 『沈黙』(ロバート・B・パーカー著)まで読み進んだ。スペンサーシリーズは、やはりハードボイルド小説というよりは、人間ドラマ的な要素が強いと思う。特に、スペンサーが歳を取っているせいもあるのだろうが、バシバシ殴ったり、バンバン銃をぶちかましたりってなことが少なくなっている(恋人のスーザンの方が殴ったり銃をぶっ放したりしているが・・・苦笑)。相も変わらずスペンサーの優しさが際立つ世界だ。勿論主人公であるから決して死なないのだが、マトリックスのネオのように弾をよけるわけでもなく、実際被弾するし、探偵とは言え、ホームズのようにわずかな手がかりで事件を解決するでもなく、泥臭く、人間くさく解決していく様は、やはりヒューマンドラマ、彼の皮肉の利いた会話を考えるとより人間くさく思える。

 そして、読むのがとてもイヤで、購入後1月以上も放っておいたのが


 Sangokushi


 三国志第8巻(宮城谷昌光著)である。三国志オタクである私が何故読むのがイヤだったかといえば、関羽が死ぬのをきっかけに曹操、劉備と次々と英雄が亡くなって行くからである。私は三国志武将の中では、趙雲や張遼のほうが武将として実直であり、優秀だと思うので、彼らのほうが好きなのだが、それでも関羽の死は哀しいものである。であるから、読みたいにも関わらず、放っておいて、現実逃避しつつ、第1巻から読み直してしまったcoldsweats01


 「史実をできるだけ忠実に描く!」と気合の入った宮城谷氏の新しい関羽観はなかなか説得力があってよかったと思う。

 さらに現在進行形は

 The_sanctuary


 『ウロボロスの古写本』(レイモンド・クーリー著)である。

 Temple


 『テンプル騎士団の古文書』を読んで氏のファンになった私は、本屋で見つけてそそくさ購入し、これも放置すること数ヶ月・・・coldsweats01


 ようやく読み始めたのだが、これがまた面白い。中東はレバノンを舞台とした物語は、アクションの連続でもあり、なかなか読み応えがありますね。お風呂でじっくり温まりながら読み進みたいと思います。『テンプル騎士団・・・』にはまった方はこちらもはまること必至ですね。

 ちなみに次に読む予定は、昨年亡くなった巨匠マイケル・クライトンの

 Next


 『ネクスト』ようやく文庫に落ちたので購入済みでございます。


 淡路の読書大好き主婦の方はお読みになったでしょうか?
 読んでないのがあれば、『テンプル騎士団・・・』と『ウロボロス・・・』はお薦めですので図書館で探してみてくださいね。

 あ、私が読んでないモノは、ここであらすじを言わないでくださいよwink

| | コメント (0)

2009/11/19

90分→210分

 昨日のこと・・・仕事を休んで行ってまいりました。


 Photo


 Photo_2

 って、あれ?って思った方がいらっしゃれば、かなりのGoo-Spo通と見ましたcoldsweats01


 そう、実は今年6月に行ったんですな、奈良へ(関連記事)


 まあ、東大寺も行ったんですが、本当の目的はこちら

 Ashuratenn


 そう、興福寺は阿修羅像展へ行ったのだ。


 どうしても見たくて見たくて見たくて見たくて、忙しい中仕事を必死こいて都合付けて行ってきましたよ、朝7時に起きて(普段は仕事の時でも7時半に目覚ましを合し、だらだらゴロゴロ30分なのだsleepy)、朝から水筒に熱いお茶を淹れて、普段はめったに食べない朝ごはんをしっかりと食べ、出かけたのです。


 ちょうど阪神三宮から近鉄奈良まで直通で行けるようになったので、いつもは重い腰を上げて行く気になったわけですな。


 8時17分の電車に乗り込み、興福寺に着いたのは10時過ぎ。いやー、早いもんですな。

 で、チケットを買って並んでみると、

 Photo_3


 なははのはの90分待ちwobbly

 まあ、ネットで事前に調べたところ、90分から2時間待ちということだったので、これは予想の範囲内。お茶を淹れて行ったのも、途中で買いに行けないからで、しかも熱いのを飲まないと身体が冷えるからというわけで、準備万端で並んでいると、次から次へと団体さんのバスが到着・・・・


 あっという間に待ち時間の表示が210分へとsign03

 ひえー、3時間半ってあんた、ようやるわcoldsweats02

 ちゅうわけで、ギリギリのタイミングでうまいこと並んだ私は、余裕のよっちゃんいかで

 Photo_4


 近くの五重塔を撮影したりして、無事に仮金堂へ入ることが出来ました。

 もちろん撮影は禁止(肖像権の関係らしい)なので、写真はサイト等を見ていただくしかないのだが、

 「圧巻」

 の一言である。


 とにかく鳥肌立ちっぱなし。普段は国宝館で見られる阿修羅像(ガラス張りで)も、生で、間近で、お堂で、他の仏像(国宝・重文クラス)と並んでみると、もう本当に行って良かったの一言に尽きますね。

 興福寺はこの仮金堂の後、北円堂、南円堂、五重塔、東金堂、国宝館と周り、東大寺、春日大社をぐるっと回って帰宅したのが、19時半。


 グーが膀胱をパンパンにして待っているため、ギリギリの12時間ちょいでの帰宅。もう少しゆっくりしたかったのだけれど、お土産に吉野の本葛を購入して大満足の1日でした。

 ちなみにこの阿修羅像展、23日までとなっておりますので、行かれるかたはお急ぎください。なお、その際は防寒をいつもの3割増しくらいで行ってくださいね。普段カイロを全く使わない私が2個持って行ってちょうどでしたから。

 ま、23日に終わる阿修羅像展をギリギリになって行く(しかしそれでいてしっかり週末休日は外す)あたりが、S高校卒業生ってな感じでしょうか?happy01

| | コメント (7)

2009/11/16

寒くなってきたじゃ・・・あ~りませんか?

 「僕、チャーリー」ことグーパパです。こんにちは。


 先日、ぎりぎりまで寝ていた私は、慌てていたんでしょうね、きっと・・・・

 i-phoneにイヤホンをつなごうとしてはたと気づいたのです!


 Rimocon


 これはi-phoneではないと・・・・

 大きさはほぼ同じなんですが、分厚さが違うんだし、もった時点でで気づけよと・・・orz

| | コメント (6)

2009/11/07

貧乏な息子からの切なるお願い・・・

 Okashi


 今年の7月で77歳になったグー爺の机の中である。


 ちなみに袋の中身は


 Okashi2


 カロリーの高そうなクッキーやクラッカーばっかり(1枚目の写真には、この他に飴の袋も見えてますな^^;)。

 お客さんから貰ったクッキー類も私は、昔アトピーの為、漢方薬を飲んでいた時に医者に禁じられていたせいで、間食をする習慣がほとんどないため、仕事場では滅多に食べないため、私の分の割当てもほぼすべて77歳のグー爺の胃袋に納まる。

 アイスクリームも大好きだしねえ(休日出勤した日には必ずと言っていいほど、ゴミ袋の中にアイスの棒が入ってるw)。

 ちなみに実家のグー婆曰くは、グー爺の箪笥の中にも同じようにお菓子が隠してあるらしい・・・(バレバレやけどw)


 お願いだから、お菓子ばっかり溜め込まないで、お金を溜め込んでください。

| | コメント (5)

2009/11/04

挑戦!

 ♪寒い夜だから~、フフフンフフンフフフン~


 知らんのやったら歌うな!のグーパパです、どうもこんばんは。


 11月に入り急激に冷えてきましたね。今日のK院長の診察時も開口一「寒くなったねえ」でした。


 寒いときは温かい飲み物が恋しくなります。


 そこで挑戦したのが「チャイ」。

 せっかくインド人とのお付き合いも長いしってことで、挑戦してみました。

 実は私、温かい牛乳が大の苦手。特に甘い奴が苦手でして、インドレストランで飲むチャイを美味しいと思ったことは一度もなかったのです。


 ・・・んが、しかし、最近、お客さんの所で飲むチャイが(当然インド人のお客さんです)異様に美味しいのです。それも1件だけではなく、2件も3件もなんですね。


 ということは、チャイが旨くないのではなく、インドレストランのチャイが旨くないのだという結論に達し、自分で作ってみることにしました。


 参考にしたサイトはこちら


 ただし、当然私の作り方は参考であって、そのまま作るわけじゃない適当流^^;。


 一応手順だけは守って

 Chai1


 例のジャムだろうが、カレーだろうが味噌汁だろうが煮るということにおいてすべて使う、あの石焼鍋がすっぽりという伝説の行平鍋でぼちぼちと作りました。

 Chai2


 結果は、ウマーdeliciousってな感じです。


 まあ、もうちょっと砂糖と生姜が効けばなおのことGOOD!goodなんですけどね。


 冷え症の方にもぴったりの生姜たっぷりのチャイ、如何なもんでしょうか?

 ちなみに使用した紅茶は


 Nilgiri


 ルピシアのニルギリです。

| | コメント (2)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »