« 当ブログでは・・・ | トップページ | 一週間のご無沙汰です。 »

2010/02/04

やはりこの話題・・・

 は外せないかと。


 一応スポーツブログだし(笑


 あらかじめ言っておくが、私は連帯責任という言葉は嫌い。並みの嫌いではなく大嫌いである。


 しかし、彼一人の引退で良いのだろうか。


 元々、言葉も文化も違う国の人なのだ。『力なきものは去る』実力社会の国の人なのだ。チンギス・ハーンの国の人なのだ。


 もちろん、一般人を殴ったのが、文化が違うの一言で片づける気はない。


 しかし、彼の心を横綱に出来なかったのは、彼だけの責任ではあるまい。


 ましてや、大激怒の横審とやらだそうだが、彼らが選ばなければ、彼は現行制度では横綱になれないのだ。


 するだけしといて、『私は認めない』と先日、任期満了した方もおっしゃっていたが、厳密にこの人が選んでないとしても、組織としての横審が選んだことには間違いないわけだ。国会議員と一緒で、選んだ側にも責任はあるのだ(この話題に入ると余計な方に行きそうなので、ここらでやめとくw)。


 親方と言えば親も同然と言われてる相撲の世界。なんせ、理事選でごたごたあったつい先日も、「一門は家族同然」とのたまった親方もいたくらい、良い意味でも悪い意味でも閉鎖的な世界のはずの相撲界だ。


 それが、彼一人、朝青龍一人、『引退』ということで済ませていいのだろうか?


 これではあまりに、言っていることとやっていることが矛盾しすぎているように思えてならない。


 なんだか、あまりに悲しい幕切れのように思えて仕方ない。


 正直なところ、いかに報道と実際がかけ離れていたとしても、一般人に手を挙げたことは間違いない。


 処分としては、断固として解雇が正当であり、高砂親方も辞任、退職金の返上。さらに、横審の抜本的な見直し、外国人を入れるのであれば、相撲界一体となっての学校のような組織作りと言うところをやらなければ、彼一人の問題として済ませられるものではないと思う。


 追記:


 相撲が神事であることを考えれば、横綱はある意味神と同じ位置にあると言える。その中で朝青龍はあまりに人間くさかった。大一番に勝ってガッツポーズしたり、負けて悔しがって暴れたり、場所中に大酒飲んで問題起こしてもその場所で優勝してしまうあたりが、人間くさかった。むしろ人間臭すぎると言えるのではないだろうか。神様が人間くさくなってしまうとやはりその神様は滅びてしまうのみなのだと思う。横綱=神様としての朝青龍は終わってしまったが、彼の人間としての天敵のあの人をして「人たらし」と言わしめた魅力を、またどこかで発揮できることを祈りつつ、今回のブログの〆といたします。

|

« 当ブログでは・・・ | トップページ | 一週間のご無沙汰です。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

結局のところ「スポーツなんだから強ければ、勝てばいいじゃん?」というのが外国の人にはあるんでしょうねえ。

投稿: hisuwashi | 2010/02/06 01:35

>ひすさん

だいたい神事って言っても、宗教の違う国の人々にはなかなか理解できるもんじゃないと思うんですよね。
だったら、いっそのことスポーツとしての相撲にしてしまわないと、第2の朝青龍が出てくるんでしょうねえ。

投稿: グーパパ | 2010/02/06 14:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 当ブログでは・・・ | トップページ | 一週間のご無沙汰です。 »