« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010/04/20

年のせいだろうか・・・

 どうも涙もろくなっているようだ。

 Live Aidを見終わった後、ずっと聴いているのが吉田拓郎である。

 昔は、嫌いではなかったけれどなんてことはなかった拓郎。最近聴くと、妙にいい。

 気づくとふと泪がこぼれるようなこともあるくらいだ。


 そんな私の好きな歌が歌姫中島みゆきの作詞・作曲のこれ


 


 『永遠の嘘を聞きたくて」である。

 つま恋2006より、二人の貴重なデュエットである。

 なんで泪がこぼれるんだろうねえ(T_T)

| | コメント (2)

2010/04/18

戦う

 一時はタイガースブログだったこのブログ。

 いつしか、ほとんどスポーツのネタを書くこともなくなってしまったけれど、さすがに金本の記録が途絶えたというのは書かねばなるまい。


 鳥谷が「ショフト」などと揶揄される金本の守備もとうとう右肩痛のために、本格的にダメだと本人が判断したようだ。

 私も1500試合までは、仕方ないんじゃないかと思っていたのだけれど、さすがに「勝つチームにするために」請われて来た本人が「勝てない原因」になってしまっては、自ら身を引くしかなかったのだろうね。

 しかし、あちこちで言われている真弓批判は、まさにその通りで、彼は「勝つために」やっているのではないということがはっきりしたと思う。


 本当は、苦しむ金本の介錯をしてやらねばならないのではないか。それがボスのボスたる存在理由なのではないか。

 それが、自ら「(先発から)外してくれ」と言った金本の慰留をしたというのだから、これまたはてさてどういうつもり?と思わざるを得ない。


 金本がそもそもフルイニング出場にこだわった理由は、「自分を見に来ているファンのため」であったはず。自分が休養しているときに、たまたま来てくれたファンに申し訳ないというのがその理由だったはずだ。


 つまりはファンのためだったはずだ。


 勿論、それは元気なプレーを見せることが前提のはず。


 それがいつしか、記録のためになってしまったのは、非常に残念なことだと思う。

 ただ、勿論、金本を責める気にはなれない。彼が来てくれたおかげで、優勝争いをするチームになったというだけではなく、タイガースが「戦う集団」になったことは否定できない。


 彼がはえぬきの誰よりも功労者であることを否定できる人間はいないはずだ。

 だからこそ、彼が自ら言いだす前に、監督に決断して欲しかったと心から思う。

 金本には、とにかく、早く身体を治して、万全の状態で兄貴の兄貴たるところを見せてほしいなと思う。

| | コメント (6)

2010/04/14

やっぱ、やーんぺ

 本日は、大阪へ出張であった。


 朝、10時過ぎ、JR大阪駅より地下鉄東梅田駅へ地下を通って行く途中の阪神百貨店前である。

 Img_01671

 ここ数カ月、通るたびに見る行列。

 そう、ガトーフェスタハラダ前の行列である。勿論、これは百貨店の外に並んでいるのだ。


 こんな行列を見るのは、りくろーおじさんの店以来だろうか(古いか?coldsweats01

 お客さんの所へ行かなくてはいけない私が並べるはずもなく・・・前を素通りしてきた。


 で、帰り19時前、別ルートから、百貨店内部に入り、様子をうかがうと・・・

 Img_01681

 なはは~、やっぱり並んどるcoldsweats01

 外をうかがうと、朝と変わらない風景がそこに・・・・pout

 最後尾にいる警備員に聞いてみると「30分待ち」とのこと。

 パンフを貰って、そそくさ帰ってきましたとさ・・・・wobbly

| | コメント (7)

2010/04/12

なんのブログやねん!

 ここんところのアクセスがとってもおかしなことになっている。


 まあ、数自体はとっても少ないうちのブログではあるんだけれど、ブログの下部に「検索フレーズランキング」ちゅうのがあるわけです。


 4/12、20:20現在のフレーズが

 Ranking


 こんな感じなんですが・・・(苦笑

 私は、決して

 Simakijoji


 島木譲二じゃありませんからw

| | コメント (0)

2010/04/11

Roxanne

 久しぶりに、Live aidを観ている。


 いや、これも聴いていると言うべきか^^;


 1枚目で好きなのは、1曲目のStatus Quoも捨てがたいのだが、やはりこのSting


 

 

 Live aidと言えば、We are the worldなのだが、先日のハイチ地震の支援のために、こんなの(ありがたいことにアーティスト名、歌詞がついてる)が出来てたんだねえ。

 


 マイケルの映像が1985年の映像を使ってるんだけれど、やっぱりこの当時のマイケルは、別撮りのジャネットとそっくりだね。

| | コメント (0)

2010/04/10

世も末・・・

 まゆ剃りなど21人正座3時間、高校入学指導

 正座3時間だと・・・それが常軌を逸していると言うのであれば、きちんとした服装をしてくれば良い。


 某スノボ選手の時は散々叩いたくせに(勿論、彼は国税を使ったスーツを着崩しているから場合が違うっちゃ違うが)、自分の子供の服装をちゃんと出来ない親がいるから学校が苦労するんだと思う。


 最近の子は(と言う時点で、おじさんなのだがw)、先生が手を出せないことを承知していて、こういうことをやるから性質が悪い。

 こんなクソガキのために国税が使われて、高校の授業料がタダになるっちゅうんだからねえ・・・世も末やわ

| | コメント (4)

2010/04/07

久々に・・・

 サッカーを見た。


 正確には、聞いたw


 というのも、画面に背を向けていたから^^;

 まあ、それも途中でやめてしまったので、最後の方は分からんのだが、ブーイングがおこったらしい。

 ホームで、0-3。しかも攻撃の形をほとんど作れずじまいってことでは、仕方ない・・・ようにも思うのだが、そもそもセルビアに勝とうっちゅうのが厚かましいと思う。


 
 眼鏡のおバカ監督が、W杯4強を目標に・・・なんていうからかもしれんけど、元々の実力から言えば、そんなもんだと思う。


 勿論、相手が1軍半であっても、こちらも、海外組がいないわけで、そういう意味では五分と五分だろう。

 セルビアって、元々はユーゴなんだし、強いのは当たり前なのだ。

 そうだねえ、この試合の意味っちゃ、「これを機会に眼鏡を辞めさせよう」ってことじゃない限りは、せいぜい「聞く」くらいの価値しかないんじゃないのかな?ってことでしょw

 ちなみに・・・「応援しないのか?」と聞かれれば、「気にはなるけれど、応援はしない」と答える。


 なぜならば、今の代表には、ひたむきさというスポーツにとって最も大切な要素の一つが欠けているように思う。キングカズや、ゴン中山や、柱谷や、都並、ラモスというJリーグ黎明期の代表は、今の代表と比べると技術は劣るのかもしれないけれど、サポーターを引っ張り込む情熱があったように思う。あれから、W杯に出場し、出場することが当たり前になってしまった(本当は当たり前のことじゃないのに)現在の代表は、そりゃプレッシャーも相当厳しいと思うけれど、そこをなんとか乗り越えようという情熱が見えない。

 サッカーは残念ながら野球ではない。日本国内での歴史があり、海外で通用する(レギュラー・主力として活躍すると言う意味)野茂、松井、イチローのようなスターは、まだ一人もいないのだ。つまり、「世界では通用しないのが当然」なわけで、それでも応援したくなるようなチーム・選手と言うのは、そこへ辿り着こうとする熱意がないとダメだということだと思う。


 今日の試合を見て(聞いて)、改めてW杯での日本の試合は、あくまでW杯の1試合というスタンスで見ようと思う。

 さびしいけどね。

| | コメント (4)

2010/04/05

桜2

 ホント、良いお天気ですね、皆様、ご無沙汰しております。


 早めに咲いた今年の桜。


 寒の戻りというか、花冷えのせいで固かった蕾が、この2,3日の暖かさで一気に開花したようですね。


 などと、ガラにもない挨拶はさておき^^;

 Img_01591


 通勤路の宇治川沿いの桜が今年もキレイに満開です。

 みなさんも、お花見、楽しんでますか?


 いやぁ、ホントにガラにもないブログやわw

| | コメント (3)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »