« ゴーーーーーーッル!!! | トップページ | 終戦 »

2010/06/25

予選E組総括

 W杯は結果である。

 であるから、E組2勝2敗、得点4失点2、勝ち点6を挙げての突破は見事と言うほかない。

 もう一度言うが、W杯は結果なのだ。

 正直、サッカーの専門家を初め、ファンの中でもこれだけの結果を予想した人がそう沢山いるようには思えない。甘く見積もっても8割の人は3戦全敗を予想したはずなのだ。

 振り返ってみれば、日本は組み合わせに恵まれた。

 勿論、それは結果として見たときにであって、最初に組み合わせが決定したときには、オランダ、カメルーン、デンマーク3国とも日本相手の1勝を計算に入れたはずなのだ。

 ただ、日本が組み合わせに恵まれたと言うのは、緒戦がアフリカ特有の内紛状態のカメルーンだったことだ。これが緒戦にデンマークであったら、「引き分けではダメで、絶対に勝たなくてはならない」状態であった昨日と同じ結果にはならなかっただろう。

 調子の上がらない、そして決して組織的とは言い難いカメルーンが緒戦だっただけに、日本はあれだけ低調な試合であっても引き分けではなく勝つことができたのだ。


 勿論、神様がくれたホンの小さな幸運を大きな成果に結び付けた日本代表には頭が下がるばかりである。


 しかし、この小さな幸運は実は小さく見えて、大きな幸運だったように思う。

 大会直前まで試行錯誤の続いた日本代表が居直ることができたのも強力なエトーというFWがいたからに他ならない。彼を抑えるためにどうするか?を考えた末に行きついたのが、アンカーに阿部を置き、まさに守備に重しを付けた現在の戦術へ至ったわけだから。


 そして、この対カメルーン戦の果実は、さらに日本代表に自信と言う種を植え付けたことになる。それが昨年、けちょんけちょんにやられたオランダ相手の真剣勝負に0-1という引き分けに等しい負けをもたらすことになるのだ。
 勿論、緒戦デンマークに2-0で勝ったオランダが、1点を奪った後、怪我や疲労を考慮し、まともにこなかったのは事実だけれど、それでも最後のパワープレーである程度の形を見せられたなど、日本には非常に収穫の多い1戦となった。

 最終戦のデンマーク戦は、勝たなくてはいけないデンマークが前がかりになった所を見事に突いてのFKゲット、そして本田の見事な無回転FKを生むわけだけれど、強力なオランダ相手に勝負の形を作れたという事実が、大きさはあるもののスピードのない相手DFを見下すかのような本田、大久保、松井の攻めの形を生んだのだろう。
 この前線の3人には、この大会初めての連動性が生まれた。この3人に遠藤を絡めたパスワークに興奮した人も多かっただろうと思う。
 まあ、その反面、サイドに広がっていた松井、大久保が真ん中に寄ることで、デンマークにサイド攻撃を仕掛けられ危ない局面も何度か生まれたのは事実なので、よりスピード技術に優れるパラグアイ相手にどうするかが課題になってくると思う。


 2点目の遠藤のFKは明らかに本田のFKが伏線になっており、相手GKが意表を突かれたのは間違いない。本田が異常なくらい落ち着いて蹴って成功した1点目を考えると、あの時のFKも本田が蹴っても不思議ではなかったのだから。
 そこを遠藤がいつものひょうひょうとした感じで蹴り、本田の縦の変化とは違ったカーブをかけた見事なキックが枠を捉えたわけで、これはGKとしてはどうしようもないだろう。
 本大会のジャブラニというボールはカーブがかかりにくいとのことだったが、二人ともふかさず見事なコントロールだったように思う。
 それ以前に、あの落ち着きは今までの日本代表を考えるとあり得ないくらいのモノだった。


 やはり、自信が作る落ち着きと言うのは、特別のモノがあるのだろう・・・ま、大久保は相変わらずだったけれど(苦笑

 それとこれは、ふと思ったことだけれど、あれだけの高さのパワープレーにしっかり対応していたことを見ると、事前のスカウティング、そして練習をしっかり積んでいたことが分かる。きっと矢野あたりが仮想デンマークとして練習台になってくれたのだろうと思う。
 交替で入った岡崎、今野、稲本の働きを含めてベンチワークがしっかりしてきているのがよくわかる。出るべき選手がしっかりと働き、バックアップに回った選手がしっかりサポートするチームが強いと言うのは、カメルーンのみならず、内紛で敗退したフランスを見ても、史上最強と言われた2006年時の日本代表を思い起こしてもよくわかることだと思う。
 そういう意味で、得点を取った選手、しっかりゴールを固めた選手のみならずバックアップの選手にも感謝しなくてはいけないね。


 パラグアイ戦のカギは、オランダ相手にはなかなか仕事をさせて貰えなかった本田が、デンマークのDFよりも上手く、ずる賢いパラグアイのDF相手にどれだけ仕事が出来るのか?
 彼のノビシロが計り知れないだけに、非常に楽しみである。
 守備は、デンマーク戦でもちょっと目立ったゴール前でのファウルをいかに減らせるかがカギになるだろう。慌てず守備のブロックをしっかり作って試合に入れば、流れを落ち着かせることが出来れば、日本のペースになるのではないか。
 日本は追いかける展開で追いつけるほどの力はまだないはずだ。いかに先制するかが大きなポイントである。

 さて、神様がくれたホンの小さな幸運をどこまで大きな果実に出来るのか。自信と言う別の種はどこまで大きくなるのか、後はもう長谷部が言っていたセリフじゃないけれど「失うモノはなにもない」のである。チャレンジャーとしてどこまでやれるか、29日を楽しみにしたい。

|

« ゴーーーーーーッル!!! | トップページ | 終戦 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

遅くなりましたがタイ物送りました。
全部調理が必要なので裏面を良く読んで
サッカー観戦のおともにどうぞw

投稿: ぴく | 2010/06/27 16:51

>ぴくさん

ん??
なになに~???
何はともあれ、ありが㌧♪

投稿: グーパパ | 2010/06/27 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ゴーーーーーーッル!!! | トップページ | 終戦 »