« 神戸 | トップページ | 矛盾 »

2010/06/16

オランダ戦に向けて

 「まだ我々は何も成し遂げてない」

 岡田監督のこの言や良しである。

 で、次戦の対オランダをどう戦うか?であるが、各国のメディアで言われているように、対カメルーン戦はW杯の中でも凡戦中の凡戦であったことは間違いない。

 日本が戦前の不調を立て直したというよりも、カメルーンが悪すぎたのだ。


 とは言っても、W杯はやはり結果なのだ。


 であるから、カメルーンが悪すぎたから勝てたのだと卑下する必要はない。


 日本は日本の戦い方をするだけで、その中での最善を探ればいいのだ。肝心なのは「オランダに勝てるかどうか?」ではなく、「今後の日本のサッカーを考える上で、今何が出来るか?」なのだ。


 つまり、このW杯を何がなんでも決勝トーナメントに行くんだということであれば、0-1までの負けは負けではないという感覚で良いと思う。と言うのは、第3戦目で戦うデンマークがオランダ相手に0-2で負けているからなのだ。0-1までの負けならば、デンマーク戦は引き分けで良いということになる。それこそ世紀の凡戦にしてやればいい(苦笑。


 ただ、そうではなく、10年後の日本、20年後の日本のために、ガチンコで世界のレベルを体感するというのであれば、対カメルーン戦とほとんどメンバーを変えないまま戦えば良いと思う。ほとんど・・・と言うのは、今野が復帰できる状態であれば今野を駒野に代えて使えばいいということだ。親善試合で0-3で負けたオランダの本番W杯がどれだけ強いのか?と言うのは、実際やってみないと分からないわけで、思いっきりぶつかるのは一つのやり方だと思う。

 岡田監督の自己満足ではなく、今後の日本のためにぼろぼろに負けるんだということであれば、それも構わないだろう。


 しかし、実際は緒戦のカメルーン戦を日本人ですら「番狂わせ」と思うくらいの勝利に結びつけてしまったがために、それはやはり難しい。


 オランダ相手には、勝ち点1を狙う最悪0-1の負けを狙う現実的なゲームにするのは間違いないわけで、そこでメンバーを考えると


 GK川島、CDFトゥーリオ、中澤は変更なしとして、左に長友、右には今野(状態が悪ければ駒野)を入れる。疲労度を考えると本当は第3戦に向けて長友を温存したいところだけれど、彼の運動量はやはり欠かせないということ。それに岡田監督の選手選考が偏っているために、サイドバックを本職とする人間が後は守備力ではなく攻撃力で選ばれた内田しかいないことを考えると、ここはこれでいくしかないのだろう。
 本来、今野はSDFではないが、守備力を考えると特に、左利きの本田が中央から右を得意とするために、右サイドの守備力を考えると本田のカバーが出来る今野の方がより良いと思われる。


 MF陣をどういじるか?これは大きな問題だ。岡田監督も構成は変えないがメンバーは入れ替わる可能性があると言っている。
 実際、動きにキレのある大久保、松井は外したくないのだが、第3戦で大暴れしてもらうことを想定するとここはもっと守備的な人間を入れることを考えたい。大久保は特にJリーグでもファウルの多い、もっと言えばイエローを貰うことが多い選手なので、ここで無理をさせることは禁物である。
 アンカーの阿部、そして長谷部、遠藤は3人の守備意識が機能していたこともあり変えにくい。敢えて変えるとしたら、対カメルーン戦で最後ばて気味だった長谷部を稲本にというくらいだろう。
 遠藤は、カメルーン戦であまり目立たなかったので、やはりコンディションが悪かったのか?と思えば、さにあらず、某調査によると、この試合で最も走行距離が長かったのは遠藤らしい(2位が本田、そして長友と続くようだ)。つまり、遠藤特有のワンタッチでつなぐ軽いサッカーが見られなかったのだが、守備面でしっかりバランスを取り続けていたようだ。
 であるから、守備的なMFは阿部、長谷部、遠藤の3人でいいように思う。

 攻撃的なサイドに張るMFは右に本田、左に岡崎でどうだろう?
 1トップに本田というのは、確かにカメルーン戦では機能したように思うが、それは本田が自分の特性を生かそうと2列目に戻ってボールを貰って仕掛けるということを繰り返したからで、決してポストプレーのように相手DFを背負ってプレーしたわけではない。それを考えると本田には本来のポジションで働いてもらうのが良いように思う。そして岡崎は豊富な運動量そして、確かに世界レベルではまだまだではあるが、オランダ戦ではカメルーン戦よりももっともっとチャンスが少なくなることを思えば、彼の裏への動き出しは本田にないものであり、良いアクセントになるように思う。

 最後に1トップ。ここは矢野でいいのではないか?彼も得点能力に長けているわけでないが、献身的な守備そして2列目の本田を生かすには彼の高さが生きるように思う。前線でドリブルキープが出来るのも強みではないだろうか。
 カメルーン戦で前の3人が上手くボールキープすることで、守備陣が余裕を持って守れたことはカメルーンの不調を差し引いても間違いない。であれば、キープ力のあるそれでいて松井、大久保両人よりも守備面での期待が出来る2人を入れることは決して悪い結果を生まないと思う。
 それはカメルーン戦での後半を見れば分かることではないか。要は、カメルーン戦の逃げ切り態勢になったときのメンバーで臨めばいいのではないか?と言っているわけだ。


 万が一にも後半にチャンスが生まれれば、ここに松井や大久保そしてトップに森本を入れるような手を考えれば良いように思う。


 オランダ戦はさすがに「大番狂わせ」は起きない。が、せめて引き分けという「番狂わせ」を起こしたいものだ。

|

« 神戸 | トップページ | 矛盾 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

まずは読んだ。長かった。

投稿: 水色 | 2010/06/16 11:20

>水色っ氏

今日はコメント3つもありが㌧♪

って、暇なんですか?^^;

投稿: グーパパ | 2010/06/16 17:07

忙しいとはよう言わん苦笑

投稿: 水色 | 2010/06/16 18:09

なんか初戦勝ったら急に楽観的な予測が増えましたよねえw
しかし北チョが善戦したっぽいねw

投稿: hisuwashi | 2010/06/16 20:07

>水色っ氏

ははは、やっぱりw
仕事中の時間なので、おかしいなと。
んで、会社でブログ見れるようになったんですか?


>ひすさん

楽観的になれる方がおかしいw
どう考えても、3点差以内に抑えるのは至難の業ですもん。
親善試合ですら3点取られてるのに、本気で来られたらどうなることかw

夜中の試合は見てないので分からんのです。
ニュースも見ないので余計にですね。
まあ、ブラジルはいつも立ち上がりはこんなもん。
だって、ドイツW杯だって、日本も1点取ってるんですよw

投稿: グーパパ | 2010/06/16 20:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 神戸 | トップページ | 矛盾 »