« どっちが・・・? | トップページ | 神戸 »

2010/06/15

やはり・・・

 やはりW杯は結果である。


 WBCでも原監督は、抑えに藤川ではなく、ダルビッシュを起用した。藤川は忸怩たる思いだっただろうし、それが失敗すれば原監督も批判は免れなかっただろう。だいたい「何のために藤川を選んだのだ!」という批判は結果を出してすら言われたことである。
 それでもあれから1年、もはや原監督が藤川を起用しなかったことをぐちぐち言うモノはいない(いや、ここにいるw)。


 歴史が語るのは、原監督がダルビッシュを抑えに起用して、WBCを制したということだけなのだ。舞台裏が未来永劫にまでわたって語られることは、ほとんどない。

 W杯カメルーン戦は私の望んだ森本の1トップではなく、本田の1トップで戦われた。

 本田、そして両脇の松井、大久保は確かに個としては素晴らしい出来ではあった。日本は個の力ではなく組織で勝負と言われながら、3人の連動性という面では、疑問符が付き、個人のデキとしては素晴らしいというおよそ日本らしからぬ展開で、岡田監督の構想が良かったというよりも、個人のコンディションが良かったという思いはぬぐいきれない。


 しかし、やはりW杯は結果なのである。

 世界初のW杯3戦3敗の監督が指揮を執った日本。これで負ければ、笑モノのはずが、なんとカメルーン相手に1点も取られないままの勝利となった。


 カメルーンは戦前から内紛がささやかれ、この試合もキーマンのソングを欠く戦いとはなったのだが、時が流れ、このW杯が歴史として、日本が地元開催以外で初めて挙げた勝利として語られる時には、『岡田監督が起用した本田の1トップで1-0で勝った』という歴史のみが語られることになるのだろう。


 確かに、本田の1トップは、彼の日本人としては卓越したフィジカルとテクニックでボールが収まると、そこで日本の攻撃にタメが作られ、彼一人でも相手に囲まれてボールを簡単に失わないため、日本のDF陣に余裕が生まれたわけで、大成功だったと言わざるを得ない。

 DFを背負ってのプレーには相変わらず窮屈そうにプレーしてはいたものの、決して負けずに黙々とやるべき仕事をこなしていたように思う。


 得点シーンは、トラップが膝に当たって彼の利き足の左側に落ちるという僥倖にも恵まれたが、W杯という大舞台であれだけ落ち着いてボールを流し込む本田と言う男のメンタリティには頭が下がる。
 後半、思いっきりボールを蹴り込んでポストに当てた岡崎が日本人らしさ満開だっただけに、余計に彼の落ち着きが目立って見えた。

 オランダ戦への展望は、また次回。とりあえず書く気になれて良かった^^。


 もう一度言う、W杯はやっぱり結果なのだ。

 素晴らしい試合の余韻に浸りながら、眠ることにしよう。

|

« どっちが・・・? | トップページ | 神戸 »

「サッカー」カテゴリの記事

コメント

いやあ、夜遅くに結構絶叫した人いたんだろうねえw
グーパパさんの声はうちにも聞こえましたw

投稿: hisuwashi | 2010/06/15 02:04

>ひすさん

あら、それはそれはご迷惑をおかけしましたw
いやあ、ホント近所を歩けないくらいですわ^^;

投稿: グーパパ | 2010/06/15 10:02

今度はぜひ警官隊と衝突しましょうw

投稿: hisuwashi | 2010/06/15 19:25

>ひすさん

いやぁ、渋谷と違って兵庫県警は最強ですからw

投稿: グーパパ | 2010/06/15 19:42

本田、口の中赤かったよね。どこかで切ったと思うけど、ありゃ怖いで。さて、勝てば官軍。結果がすべて、ですな。

投稿: 水色 | 2010/06/16 11:13

>水色っ氏

ご無沙汰で~す^^
まあ、勝てば官軍ですけど、これでずっとこんな監督でええってことになると大問題ですわ。

投稿: グーパパ | 2010/06/16 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« どっちが・・・? | トップページ | 神戸 »