« ワールドワイド | トップページ | Cry for you »

2010/09/30

お供は・・・

 犬、猿、雉・・・わしゃ桃太郎か!


 どうも、グーパパです、こんばんは。

 秋の夜長、読書の秋ですね。パーカーに嵌って以来、いつかはたどり着くだろうと思っていたのだけれど、先日お客さんとの話の中で出た村上春樹。


 私は1冊も読んだことがない。読もうという気も起らない。しかし・・である。このシリーズだけは特別というかなんというか、ずっと気になっていた

 The_long_goodbye


 『長いお別れ』(原題"The long goodbye" by Raymond Chandler)である。


 村上春樹を読みたいというよりも、なんのことはないチャンドリアン(別にボクサーを目指すってわけではない・・・そりゃエイドリアンpunch)の仲間入りをしたかったわけだね。


 やっぱり、ハードボイルド小説(パーカーのスペンサーシリーズは何回か言ったようにハードボイルドな探偵小説というよりは、人間ドラマだといまだに思ってるけれど)を読むのであれば避けて通れないのがチャンドラーである。

 本作もまだ読んでいる途中ではあるが、人間ドラマなんだなというマーロウの強さよりも優しさが際立つ作品である。

 そう彼(主人公のフィリップ・マーロウ)の言葉を借りて言えば、


 "If I wasn't hard, I wouldn't be alive. If I couldn't ever be gentle, I wouldn't deserve to be alive."


 訳せば「強くなければ生きていけない。だが、優しくなければ生きている資格がない」


 このままの生き方を貫くわけで、そこに惹かれるのだろうね、きっと。

 そして、そのせっかくの長編ハードボイルド小説を、通勤のバスや電車そしてお風呂の中だけで読むのではちょっとばかしもったいないわけで・・・

 Scoch_with_soda

 本当はスコッチ・オン・ザ・ロックと洒落込みたいところだけれど、そこはアルコールに弱い私のこと。本を読めなくなってしまうので、ジョニクロ12年物のソーダ割り(酒飲みの人には「もったいない」と言われそうだけれどcoldsweats01)をお供に・・・今夜も緩やかに夜を過ごしましょっとconfident

|

« ワールドワイド | トップページ | Cry for you »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

ウオッカのウイスキー割とか
飲んでみたらいいのになぁw

投稿: hisuwashi | 2010/09/30 23:56

>ひすさん

そんなもん飲んだら、まさに私が「長いお別れ」になっちゃいます。


おあとがよろしいようでm(._.)m

投稿: グーパパ | 2010/10/01 17:28

ソウルカンナムの繁華街のノレバン(お姉ちゃん付きのカラオケ)で、ソジュ(焼酎)のメクチュ(ビール)割=バクダン(日本語やんw)を一気飲みしました・・・今も一気やってるんだ!流石だ!ソウル!

バクダンの一気飲みも効いたけど、ノレバンに来た20代のお姉ちゃんはもっと効いたw。仁川(インチョン)のノレバンとは10歳差、韓国人ってあんなにお目目くりくりだったっけ?。流石だ!ソウル!

投稿: 水色 | 2010/10/09 15:35

>水色っ氏

ノレバンがレバノンに見えて仕方ないんですが・・・(苦笑
韓国人って、整形が普通って言いますから、やっぱりそうなんでしょう。
とはいえ・・・羨ましい話でw

投稿: グーパパ | 2010/10/09 16:54

ソウルからほんの1時間、漢河とイムジン河の合流地点(統一展望台)のちょいと下流の山(愛妓峰)から、北朝鮮を見ました。愛妓峰へは車で行けるのですが、途中に検問があります。海兵隊の若い童顔の兵士が小銃を構えて立っています。そこで受付をしないと、先には進めません。
北側には、民家(少々立派な)と田園(稲刈り後)が見えるのですが、人影は見えるはずもなく、生活感はまったくありません。川沿いの山の木々は全て切られており、ほとんど裸山になっています。脱北者を見つける為です。漢河もイムジン河も相当に大きな川で、川幅も相当なものですが、国境でもあり船ひとつ浮かんでいません。
南から見られていることは百も承知でしょうから、実は隠れて南側を監視してるとのことです。非常に異様な静けさで、緊張します。

投稿: 水色 | 2010/10/09 19:18

>水色っ氏

なかなか興味深いお話ですね。
その南から見える北、勿論作られた北なわけでしょう?
生活感がないのも頷けますよね。
しかし、なかなか貴重な体験なようで、羨ましいです。

投稿: グーパパ | 2010/10/11 20:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ワールドワイド | トップページ | Cry for you »