« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »

2011/01/30

アジア杯を終えて思うこと。

ザッケローニのサッカーは分かりやすい。

実際のサッカーの内容は決して良くなかったように思うけれど(大会前からのコンディショニングの問題が大きかったと思われるが)、その中で最善を尽くそうと言う姿勢が見られるし、何より我慢強いのが彼の特徴のように思う。

昨日の対オーストラリア戦でも、怪我の香川に代えて入れた藤本がうまく機能しない上に、オーストラリアのロングボールに苦戦すると見るや、スパッと岩政に代えたが、それ以降はじっと我慢のサッカーをし、選手をむやみにいじらず、腰の据わったサッカーを見せた。

この腰の据わり具合は、オーストラリア戦だけではなく、この大会を通じてずっとそういう姿勢を見せていたように思う。
彼が大会前に「成長しながら、優勝を目指す」と言っていた言葉通り、毎試合成長する姿を見せてくれた。

まあ、まだまだミスも多く、相手が欧州や南米の一流どころだとたちどころにやられてしまうのは目に見えたが、それでもあれだけの劣勢を覆し、得点を重ねた辺りは絶賛せざるを得ない。


また、この大会MVPの本田。彼がこの大会MVPの活躍を見せられたのは、ひとえに岡田前監督が中村俊輔を外し本田にかけたW杯のあの経験があるからこそだと思われる。
自分だけをアピールすることなく、周りを使い、ハーフタイムを初め、ボールが止まると長友や遠藤と会話を交わしている姿がずっとカメラに映っていたが、彼の我を通す姿勢ではなく、周りと協調しようとする姿はW杯を中心選手として戦った余裕なのだろう。

これでコンフェデレーションズカップにも出られるし、コパ・アメリカにも招待されているし、若いチームだけにどんどん成長できるのではないだろうか。
ここにベテランの中澤やトゥーリオが帰って来てどうなるのか、まだ若い世代が出てくるのか、色んな楽しみが増えた大会であった。

ザッケローニの采配も今のところは安心して観ていられるし、なんとか契約を延長してもらいたいものだと思う。

| | コメント (6)

2011/01/26

猿まね

日韓戦で韓国の選手がゴール後猿まねパフォーマンスをしたとか。


その選手は日本のかつて10番を背負った選手が所属していたスコットランドのチームで同じような差別を受けたにも関わらず、そういう行為をしたんだとか。


あ、あけましておめでとうございます。松も取れてからのご挨拶で失礼しました^^;


まあ、その国の民度がどうのとかを別にいうつもりはないんだけれど、結局のところ、お猿さんに負けたあんたらって・・・(苦笑)・・・・ということなんだよね。

天に向かって吐いた唾は自分の顔にかかるってことだと思う。


全ての選手がそうあれば理想なんだけれど、やっぱりパク・チソンはアジアでもナンバーワンの選手として長らく活躍しているだけの言動だし、日本の長谷部もキャプテンらしい素晴らしい人格だと思う。


久々に川島のドヤ顔も見られたことだし、次のオーストラリア戦も日本らしいいいサッカーをして欲しいと思うとともに、お互いがきちんと尊重し合えるような試合をしてほしいなと思う。

| | コメント (3)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年3月 »