« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »

2011/09/23

某監督の辞任(解任)について考える

ノブコの旦那もとい、フクシのオヤジ、いや、ドラゴンズの監督落合博満が解任された。


監督としての成績は抜群である。勝率5割を切ったことはなく、またAクラスを逃したことも1度もない(今年はまだ終わってないけれど)。
抑えの岩瀬はずっと活躍しているが、エースの川上や主軸の福留はメジャーへ行ってしまったし、トレードやFAでの補強らしい補強と言えば、和田くらいだろうか。
そんな中で、今年を除く7年で日本シリーズ出場はなんと4回である。

例えば、交流戦でダルビッシュや田中のような投手とはチームとして当たりたくないものであるが、チームとして最も嫌なのはドラゴンズであるという認識は虎ファンの共通の認識と言って過言ではないと思われる。

開幕戦でドラファンのタブーであるK投手を起用したことなどもあったが、彼の戦略は基本的に「どうすれば優勝できるか」であり、K投手を起用したのは孫子の兵法の応用のように思えてならない(つまり、開幕戦は相手のチームも1番の投手が出てくるわけで、そこに一番の投手を当てるよりも、確実に力の劣る2番手の投手に対して、自チームの1番の投手を当てるという方法)。

まさに孫子のいう「兵は詭道なり」を地で行く感じであった。

とは言っても、奇襲ばかりかと言えばそうではなく、センターラインを中心とした守備を鍛え上げ、守りを中心としたチームを作り上げた手腕は、「野球の王道」とも言えるチーム作りであったように思う。


コーチ陣にOBが少ないとか、営業上のとか言うのは、特に営業上の理由は、監督の責任ではなく、営業の社員が何をやってんだって話なんじゃないだろうか。
勿論、道楽じゃないので、新聞の売上に貢献できないとツライわけではあるけれど・・・


残念ながらというか、ラッキーなことに、とは言っても虎は来年も真弓らしいのであんまり変わらないかもだけれど、来年は守道が監督らしい。
70歳という年齢を考えても立浪へ繋ぐだけの役割なんだろうけれど、実力でパ・リーグに置いて行かれているセ・リーグの野球が益々つまらなくなるのは、間違いないようだ。

お疲れさまでした・・・のぶ・・・ふく・・・博満w

| | コメント (8)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年11月 »